ポケモン ソード シールド、開発人数1000人、開発期間3年で草むらに半年の大作

ポケモン ソード シールド、開発人数1000人、開発期間3年で草むらに半年の大作

 ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」について、ゲームフリークの増田順一氏や大森滋氏がコメントしています。

 今回は、開発人数や開発期間などがコメントされています。

 

ポケモン剣盾、開発人数

ポケモン剣盾、開発人数

 「ポケモン ソード シールド」は、ニンテンドースイッチというHDハードで発売される作品です。

 HDハードでの開発は、これまでのニンテンドー3DSなどよりも、一般的に作業量が大幅に増える状態になります。

 その結果、今作は全国図鑑がなくなっていたりするわけですが、今回、ゲームフリークによって今作の開発に関わったスタッフの数がコメントされています。

 これによると、「ポケモン ソード シールド」は、1000人ほどの開発スタッフにより作られた作品になっているとのことです。

「ポケモン ソード シールド」は、1000人ほどの開発スタッフにより作られた作品になっているとのことです

 ただ、この約1000人という人数は、マーケティングや翻訳などに関わるスタッフも含めた数であり、実際にゲームフリークが投入したスタッフの人数ではないとのことです。

 ゲームフリークのみに限定すると、約200人の開発スタッフが、「ポケモン ソード シールド」の開発に関わったとされています。

 ちなみに、ポケモンの3Dモデルなどを担当しているクリーチャーズは、今回100人ぐらいのスタッフが開発に関わっているそうです。

 また、デバッグには100人以上が投入されているとのことです。

 その他、数多くのパートナー企業、つまり、数多くの下請けの企業や開発者などによって今作の開発が行われています。

 そして、これらを全て合わせると、前述の約1000人の開発スタッフということになります。

 なお、この「ポケモン ソード シールド」の開発人数としては、正確な計算というわけではありませんが、大体これまでの1.5倍ぐらいの人員投入量だとされています。

 よって、後述の開発期間も含めて、今作は大作と言っていいレベルの開発規模になっています。

 

ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」については、今作の開発期間も明らかにされています

開発期間3年で草むらに半年の大作

 ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」については、今作の開発期間も明らかにされています。

 これによると、今作の開発期間は、約3年だそうです。

 この3年という開発期間は、マイナーチェンジ版やリメイクを除いて、大体いつもの本編完全新作と同じぐらいの開発期間になっています。

 ちなみに、これは、いつもと同じ開発期間で本編の完全新作を完成させる必要があったので、過去のポケモンを全て連れて来れる仕様が実現出来なかったということでもあります。

 また、人員投入量は従来の1.5倍ほどになったものの、HDハードにおける開発作業量はそれ以上に増しているので、過去のポケモンを全て連れて来れる仕様を実現するためには、もっと劇的に開発スタッフを増やすか、開発期間を延ばすしか方法がないということでもあります。

 ただ、そのようなことを行って、ある時点で全ポケモンの大集合を再び実現することが出来たとしても、4K対応ハードに移行するなどで、いずれまたすぐに限界が来るので、今後のポケモン完全新作で全ポケモン大集合のような仕様を実現するのは難しいということが以前からコメントされているわけです。

ゲームフリークは、HDハードでポケモンを作るにあたり、草むらごときの開発ですら半年も作業時間が必要なほどの低スキルしか持ち合わせていないと、海外などの一部で言われる状態

 なお、ファミ通のインタビューでは、開発期間に関連して上のようなやり取りもあります。

 これは、「草むらに半年……!」と、インタビューアーがわざわざ言い直していることもあり、ゲームフリークは、HDハードでポケモンを作るにあたり、草むらごときの開発ですら半年も作業時間が必要なほどの低スキルしか持ち合わせていないと、海外などの一部で言われる状態にもなっています。

 しかし、これは、ちゃんとゲームフリークの顔を立てて、どういう意味なのかフォローしていないインタビューなので、推測でしかありませんが、草むらを中心とした今作の全体的なフィールドのデザインを決定するのに試行錯誤し、最終決定するまでに半年掛かったぐらいの内容だと思われます。

 つまり、文字通り、「ポケモン ソード シールド」のある部分の「草むら」を作るだけで半年も開発期間が必要だったというわけではないはずです。

予約、購入 :
 ポケモン ソード シールド Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    なんだかんだ期待してる
    頼むよー

  2. 匿名 より:

    技術だけならスクエニのがありそう
    スクエニの制作陣を任天堂が指揮すればいいのに

  3. 匿名 より:

    ファミ通もしっかりとフォローしてほしいなと。まぁファミ痛だからしょうがないですけどね
    色々な所で草むらに半年とバカにされてますからね。なんだかなぁと
    リストラは完全新作は無理でもマイナーチェンジやリメイクで全てのポケモンが揃う流れにしてくれれば不満はそれなりになくなるかと。特に海外はリストラの不満の声が凄いですからね

  4. 匿名 より:

    いままでは手入れの行き届いた背丈の揃った1種類の草しかなかったからそのままHDにすると不自然だったんだろうね
    きっと数種類の草が混在しホウエンのような深い草地があったり花が咲いてたり獣道になってたりとかいろんなバリエーションあるのでしょう
    楽しみですね

  5. 匿名 より:

    FF15の岩、おにぎりのくだりと同じにおいがするんだよなぁ
    発売前の開発者側の「頑張ったアピール」ってどうにも良い印象がない
    ヒット作の回顧録とかならわかるんだけど

  6. 匿名 より:

    力入れるところを誤ったかな。。
    細部のこだわりをアピールすればするほど
    全体のバランスが崩れている事を
    見抜けていない。。

    前作での、
    フェスサークルから抜ける時の操作性と
    ポケリゾートから抜ける時の操作性。
    あれは酷かった!
    分業で作成したものを結合する時に
    通しでの操作性の違いを指摘できない
    レベルのチームが、
    今回も関わっている。

    きっと、今回も操作性バラバラ。

  7. 匿名 より:

    ドット時代の同じ草のコピペすりゃ良いって訳じゃ無いし、HD初めてなんだし、まぁ仕方ない気もする
    今後の作品はこれの草むらをベースにするだけだから時間かからんだろうし、ポケモンの草むらってポケモンと出会う為の舞台だし、凝りたいのは当然だろう
    実際の実機でどうなるか分らんけど、現状では草むらは濃淡の仕方が上手いし、よくできていると思うよ

  8. 匿名 より:

    久し振りにウルトラムーンやってるけど、これより綺麗でテレビでできるなら最高な気がしてる

  9. 匿名 より:

    BS4K無料放送始まってるし来年の東京五輪から急速に4Kテレビ・4Kモニター普及してくると思う。
    8KはNHKだけだし、普及するのは当分先だろうけど次期据え置きは4K対応必須だろうな。
    スイッチ発売してから5年後の2022年あたりは地上波でも4K放送始まってるかもしれない

  10. ななし より:

    1000人規模の開発…
    最低限グラフィック使い回してたら、
    ポケモン全部出せたんじゃ…
    果たして究極のポケモンと題したDPを変えられるのか…。

  11. 匿名 より:

    楽しみではあるんだが、発売前にディテールにこれだけ拘ったとか言わない方が良いと思う。
    特に今作は増田さんの量より質って発言で粗探しが始まっちゃって宙吊りのキャモメとか正しく反射してない湖の水面とか様々な角度から指摘されてたし、体験者も少なくて見える物の話題しか無いこの段階で草むらに半年費やしたって言っても笑われるだけ

  12. 匿名 より:

    どのみちこのまま増え続ければいつかはポケモンのリストラは避けられない

  13. 匿名 より:

    つうかファミ通のインタビュー(の仕方)がいつものアレなだけな気がする

  14. 匿名 より:

    >技術だけならスクエニのがありそう
    >スクエニの制作陣を任天堂が指揮すればいいのに

    そりゃスクエニはスクウェアとエニックスが合併したからな。
    それにドラクエは33周年。ポケモンは23周年。あちらは10年も先をいってる

  15. 匿名 より:

    >ななし
    >1000人規模の開発…
    >最低限グラフィック使い回してたら

    それこそグラフィック使いまわしてたら海外勢からの鋭いつっこみが来るだろ