ポケモン ピカブイ、ウルトラ サン ムーンよりも売れて1000万本を突破

ポケモン ピカブイ、ウルトラ サン ムーンよりも売れて1000万本を突破

 ニンテンドースイッチ「ポケモン Let’s Go! ピカチュウ Let’s Go! イーブイ」の販売本数が明らかになっています。

 これによると、販売本数1000万本を突破しています。

 

ポケモン ピカブイの販売本数は、全世界累計で1000万本となっています

ポケモン ピカブイ、1000万本を突破

 「ポケモン Let’s Go! ピカチュウ Let’s Go! イーブイ」は、ニンテンドースイッチで初めて発売されたポケモン本編作品です。

 今回、この作品のセールス状況が、任天堂の2019年3月期 第3四半期の決算で発表されています。

 これによると、ポケモン ピカブイの販売本数は、全世界累計で1000万本となっています。

 内訳は、国内が185万本、海外が816万本です。

 よって、今作は、国内セールスは本編作品としてはあまり売れている方ではありませんが、海外セールスが好調なため、かなり売れている状況になっています。

 ちなみに、任天堂が販売しているニンテンドースイッチ用のソフトで1000万本を超えているのは、「ポケモン Let’s Go! ピカチュウ Let’s Go! イーブイ」の他には、「マリオカート8 デラックス」(1502万本)、「スーパーマリオ オデッセイ」(1376万本)、「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」(1200万本)、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(1168万本)の4本のみです。

 

「ポケモン ピカブイ」は、「ウルトラ サン ムーン」よりも短期間でセールスを上回っている状態です

ウルトラ サン ムーンよりも売れる

 ニンテンドースイッチ「ポケモン Let’s Go! ピカチュウ Let’s Go! イーブイ」の1000万本セールスは、2018年末までの集計期間での数字になっています。

 このため、発売から2か月弱で1000万本という大台を突破している状態です。

 一方、ポケモンの本編作品として、2017年に発売された、ニンテンドー3DS「ポケモン ウルトラサン ウルトラムーン」は、2018年末時点で828万本に留まっています。

 よって、「ポケモン ピカブイ」は、「ウルトラ サン ムーン」よりも短期間でセールスを上回っている状態です。

 ちなみに、普通の「サンムーン」は、1614万本売れています。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    余裕でしたね

  2. 匿名 より:

    初心者にもかなり薦めやすいし、うまい具合に海外の新規を確保できたのかもね
    これを機にポケモンにはまる人が増えたらいいな

  3. 匿名 より:

    ここまで売れたのは初代リメイクとポケモンGOとメルタンの相乗効果だろうな

  4. 匿名 より:

    これは海外勢優遇したくもなりますわ

  5. 匿名 より:

    (セーブデータの仕様変更で)複数購入の上乗せがないのに
    旧作並に売れたのは、それだけアタマ数が増えたって事やね

  6. 匿名 より:

    ウルトラサンムーンサンムーン強化リメイクだかた売れなくてあたりまえ