ポケモン ピカチュウ イーブイ、連れ歩き&肩乗り、ポケモンライド登場

ポケモン ピカチュウ イーブイ、連れ歩き&肩乗り、ポケモンライド登場

 ニンテンドースイッチ「ポケモン Let’s Go! ピカチュウ Let’s Go! イーブイ」の情報です。

 今回は、連れ歩き&肩乗り、ポケモンライドの登場をご紹介しておきます。

 

ポケモンLGPLGE、連れ歩き

ポケモンLGPLGE、連れ歩き

 「ポケモン Let’s Go! ピカチュウ イーブイ」は、ピカチュウ版をモチーフにしているということもあり、ポケモンが主人公の後を付いて来るという仕様が登場します。

 連れ歩きとも言われるこの仕様は、初代「ポケットモンスター ピカチュウ」と異なり、基本的に全ポケモンに対応します。

 ここで言う、全ポケモンとは、今作に登場する151匹+αのポケモンです。

 中には、例外的に連れ歩き出来ないポケモンもいるかもしれませんが、先日公開された「ポケモン Let’s Go! ピカチュウ イーブイ」の映像では、様々なポケモンが主人公の後をついて来ている様子が公開されています。

 

「ポケモン Let's Go! ピカチュウ イーブイ」は、ピカチュウ版をモチーフにしているということもあり、ポケモンが主人公の後を付いて来るという仕様

肩乗り&頭乗りとポケモンライド

 ニンテンドースイッチ「ポケモン Let’s Go! ピカチュウ Let’s Go! イーブイ」では、主人公の相棒となるポケモンが決まっています。

 それは、タイトル通り、ピカチュウ版はピカチュウ、イーブイ版はイーブイです。

肩乗り&頭乗りとポケモンライド

 このパートナーポケモンは、初代「ポケットモンスター ピカチュウ」と異なり、連れ歩きするのではなく、ピカチュウならば肩乗りに、イーブイならば頭乗りになります。

 つまり、肩乗り&頭乗りの状態に加えて、連れ歩きが存在するので、2匹のポケモンが主人公と共に目に見える形で行動することになります。

パートナーポケモンは、初代「ポケットモンスター ピカチュウ」と異なり、連れ歩きするのではなく、ピカチュウならば肩乗りに、イーブイならば頭乗り

 ちなみに、「ポケモン Let’s Go! ピカチュウ イーブイ」では、サンムーンなどに存在する「ポケモンライド」の仕様が引き続き登場します。

 これは、ひでんマシンの仕様が、初代版ではなくサンムーンなどと同じになっているという意味でもあります。

 そして、「ポケモンライド」の仕様が引き続き存在するので、一部のポケモンは、連れ歩きというよりも、ポケモンライドとしてゲーム画面上に登場して来るということになります。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. ななし より:

    ライドはサンムーンと同じくどこからかポケモンを呼び出す仕様なのかな?
    実際に連れている色んなポケモンに乗れると嬉しいな…不便になるかもしれないけど

  2. 匿名 より:

    HGSSみたく話しかけられて色々な反応があったりするといいな

  3. 匿名 より:

    連れ歩きは嬉しいけど
    水生のトサキントやジュゴンとかは
    やっぱり空中浮遊なのか、
    ラプラスもと考えると水生は海限定とか?
    陸生は水上じゃついていくのもおかしいし
    その方が自然かな
    飛行系はどこでも可能じゃなきゃおかしいけどどうだろ

  4. 匿名 より:

    魚型のポケモンが浮いててもドットの時は違和感のなかったのが視認性の良い立体になると一気に「お前何浮いとんねん」ってなっちゃうし難しいよね
    まぁ3Dなんてポケスタから続いてるんだし慣れの問題もあるだろうけど

  5. 匿名 より:

    イワークみたいな「乗る」タイプのポケモンの連れ歩き?での
    搭乗時のエンカウント判定はどうなるんだろう