ポケモンGO、ソフトバンクのイベント参加券が予想通り売られてしまう

ポケモンGO、ソフトバンクのイベント参加権が予想通り売られてしまう

 ポケモンGOのソフトバンクのイベント参加券が配られています。

 ただ、このイベント参加券は、皆の予想通り、禁止事項なのにフリマサイトなどで売られてしまっています。

 

ポケモンGO、ソフトバンクのイベント参加券

ポケモンGO、ソフトバンクのイベント参加券

 ポケモンGOでは、先日ご紹介したように、2019年2月23日(土)10時から20時までイベントが実施されます。

 このイベントは、2018年に実施予定だった、ソフトバンクの「Pokemon GO Special Weekend」の延期分のイベントです。

 「Pokemon GO Special Weekend」のイベントに参加するためには、事前に、専用サイトで応募する必要がありましたが、今回、この抽選結果が発表されています。

 現在、当選者には、応募時に記入したメールアドレス宛に参加コードが書かれたメールが送られているので、応募した人は届いていないか確認しておくといいでしょう。

 ちなみに、現在配られているのは、ソフトバンクorワイモバイルユーザー以外の参加券です。

 ソフトバンクorワイモバイルユーザーは、当選確率100%になっており、2019年2月12日(火)にMMSで参加券が配られる予定です。

 

ポケモンGOのソフトバンクのイベント参加券は、皆の予想通り、今回もフリマサイトなどで売られてしまっています

700円ぐらいで売られてしまう

 ポケモンGOのソフトバンクのイベント参加券は、皆の予想通り、今回もフリマサイトなどで売られてしまっています。

 販売価格は様々ですが、700円ぐらいだとすぐに売り切れているような感じになっています。

 今回のポケモンGOのソフトバンクのイベント参加券は、当選者数がかなり多かったと言われています。

 外れている人を探すのが難しいぐらいとも言われており、応募したほとんどの人が当選していると思われます。

 ただ、フリマサイトなどで購入者が続々いるところを見ると、外れていた人は意外といたようです。

 ちなみに、前述の通り、ソフトバンクorワイモバイルユーザーへの参加券の配布はまだなので、外れたと勘違いして購入している人もいそうです。

 また、外れた人の中には、応募時のメールアドレスを間違っていただけという人もいると思われます。

今回のポケモンGOのソフトバンクのイベント参加券は、当選者数がかなり多かったと言われています

 ということで、ポケモンGOのイベント参加券は、禁止と書かれているとはいえ、相変わらず、転売防止用にゲーム内からの応募などにしていないので、楽々と小遣い稼ぎができる状態になっています。

 2018年の横須賀イベントの1万円という転売価格には及びませんが、今回も転売して儲けている人はかなりいそうなので、ゲーム内にトレーナーIDと紐づけした応募フォームを設けるなど、ナイアンティックの改善が待たれるところです。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    詐欺と一緒だよな。
    転売してるのは若者、買ってるのは中高年層、高齢者。
    流石に転売ヤーに釣られるバカな若者はいないだろうし。