ポケモンGO、ライコウ登場。対策はゴローニャ、個体値はCP1913を

ポケモンGO、ライコウ登場。対策はゴローニャ、個体値はCP1913を

 ポケモンGOで、新たな伝説ポケモンが登場しました。

 今回は、ライコウが登場しています。

 

ポケモンGO、ライコウ登場

ポケモンGO、ライコウ登場

 ポケモンGOのライコウは、期間限定で登場します。

 日本では、2017年10月1日(日)から2017年10月31日(火)までの登場です。

 登場は、レイドバトルのみであり、野生湧きやタマゴからの出現はありません。

 ライコウのレイドバトルは、その他のポケモンのレイドと同様で、各地のジムに制限時間付きで出現するので、出現中にバトルを行うということになります。

 バトル勝利後、ゲットチャレンジとなり、そこで上手くボールに入れることが出来れば捕獲となります。

 ゲットチャレンジ時のライコウの動きは、上の動画のような感じです。

 ライコウは、前後に動くパターンがあるのが特徴となっています。

 ゲット確率は他の伝説と同じでかなり低いです。

 通常時は約3%ほど、金のズリのみ使用でも約6%です。

 これに、カーブボールボーナス、エクセレントなどの当て方の上手さのボーナスが加わり、最大で約18%までアップします。

 よって、普通の投げ方ではほぼ捕まらないので、金のズリのみなどを使用し、カーブボールでエクセレントを狙ってチャンレンジするといいでしょう。

 

ライコウの対策はゴローニャなど

ライコウの対策はゴローニャなど

 ライコウのレイドバトルの対策ポケモンとしては、ライコウは「でんき」なので、「じめん」タイプのポケモンを使うというのが基本になります。

 現在導入済みの強いじめんタイプポケモンは少なく、対策としては、ゴローニャ、ドンファン、サイドンあたりを強化して使うといいでしょう。

 その他は、カビゴンなどの「じしん」の技を持っているポケモンもお勧めです。

 そういったものが手持ちになければ、でんき、ひこう、はがねのタイプのポケモンや技でなければ、普通の攻撃はできるので、これまでに捕まえた伝説のポケモンなどでゴリ押ししてもいいでしょう。

 人の多い場所では、特に対策用のポケモンではなくても、ゴリ押しすれば普通に勝てると思われます。

 逆に、参加人数が8人前後など、ライコウを倒せるかどうかギリギリぐらいなら、参戦させるポケモンは慎重に選ぶといいでしょう。

 

ライコウの個体値はCP1913を

ライコウの個体値はCP1913を

 ライコウについては、通常は何匹かゲットすれば十分ですが、高個体値をゲットしたいという人もいると思われます。

 そのような場合は、ゲットバトル時にCP1913だったならば大当たりです。

 今回のレイドバトルでゲット出来るライコウの個体値100%はCP1913です。

 最低はCP1800前半ぐらいです。

 CP1913に遭遇する機会はほとんどないと思われるので、高個体値を目当てにする場合は、95%弱となる1900以上を目安に考えておくといいでしょう。

 ちなみに、CP1890前後で約90%なので、普通はこれぐらいでも十分な個体値があると言えます。

コメント

  1. 匿名 より:

    ライコウ早速ゲットしてきたけど
    個体値はショボかった
    逃げられまくりで疲れたしまた今度とりに行く