ポケモン ソード シールド、プロトタイプ版が話題。ミニマップなども計画

ポケモン ソード シールド、プロトタイプ版が話題。ミニマップなども計画

 ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」の話題が海外で出ています。

 今回は、プロトタイプ版がネットに投稿されています。

 

ポケモン剣盾、プロトタイプ版

ポケモン剣盾、プロトタイプ版

 「ポケモン ソード シールド」は、ゲームフリークが開発しています。

 今回、ゲームフリークが開発の過程で保存していた、いくつかのバージョンのプロトタイプが明らかになっています。

 そして、それに関連する画像が海外掲示板などに投稿され、話題になっています。

 まず、1番話題になっているのは、そのタイトル画面です。

「ポケモン ソード シールド」のプロトタイプ版のタイトル画面は、上のようなものであり、今とはかなり異なるもの

 「ポケモン ソード シールド」のプロトタイプ版のタイトル画面は、上のようなものであり、今とはかなり異なります。

 このタイトル画面は、ロゴが違うのはもちろん、ダウンロードコンテンツでも追加されなかった「ゲッコウガ」がいるなど、様々な憶測を呼ぶものになっています。

 それは、例えば、「ポケモン ソード シールド」は、最初は全てのポケモンを出そうとしていたものの、途中で諦めたなどです。

 ただ、これは、そもそもこのタイトル画面自体が、開発途中のテスト用に作っただけの可能性も高く、「ポケモン ソード シールド」用のゲッコウガの3Dモデルが完成していたのかどうかすらよく分からないものです。

 また、今回のプロトタイプのデータにおいて、全ポケモンを入れようとしていた痕跡は今のところ見つかっていないので、「ゲッコウガを入れようとしていた」ぐらいは正しい可能性はあるものの、「最初は全てのポケモンを出そうとしていた」という説は正しくない感じも強いです。

 

ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」は、周辺の地形を俯瞰して見れるミニマップを用意して欲しかった

ミニマップなども計画

 ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」は、周辺の地形を俯瞰して見れるミニマップを用意して欲しかったという意見もあります。

 このミニマップは、今回のプロトタイプ版の画像から考えると、開発スタート時は普通に用意されていたことが分かります。

 しかし、ある時点からミニマップの追加計画がなくなり、製品版でも追加されずに終わっています。

 その理由は、現時点ではよく分かりませんが、一般的にミニマップの表示はハードに負荷が掛かるので、ニンテンドースイッチのハードスペックの問題もあり、他の表示を優先させた結果、削除されたのではないかと考えられます。

 なお、「ポケモン ソード シールド」の今回のプロトタイプの画像については、偽物ではないかと疑う声もありますが、出所の1つである海外の4chの掲示板などでは本物だと考えている人が多数です。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    いやSwitchはPS3よりスペックはありますしスペックの問題でミニマップ入れなかったとかそれは絶対にないですよ
    他のSwitchのゲームにはミニマップ入ってるゲームいくらでもありますよ
    ミニマップを入れなかった理由は携帯モードに適さなかったとか時間がなかったとかゲーフリの技術的な問題なのか他に理由があるかと

  2. より:

    色違いは全く見ないですね

  3. 美穂 より:

    ぽけっともんすたーのそーどはおもしいよ

  4. 匿名 より:

    ミニマップは欲しいな。
    本編のダンジョンは一本道やからいらんけど、冠の雪原とか迷いやすいマップには欲しい。

  5. 匿名 より:

    結構いいです

  6. ポケモン好きな人 より:

    後ろにメガレックウザいるってことはメガシンカも計画中にやめたのか…メガシンカは続けて欲しかった(個人的意見)

  7. 匿名 より:

    タイトル画面がスマブラ