ポケモン ソード シールド、マイナーチェンジ版のネタに新聞が釣られる

ポケモン ソード シールド、マイナーチェンジ版のネタに新聞が釣られる

 ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」のマイナーチェンジ版が海外で話題になっています。

 わりとどうでもいい話なのですが、今回は、某法人メディアがまた正しくない内容の記事を広めてしまっているので、正しい情報をご紹介しておきます。

 

ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」のマイナーチェンジ版が海外で話題になっています

ポケモン ソード シールド、マイナーチェンジ版

 「ポケモン ソード シールド」は、ニンテンドースイッチで初めて発売されるポケモン本編の完全新作です。

 ニンテンドースイッチになっても、ソードとシールドの2バージョンが同時に発売される予定になっています。

 株ポケによる、この2バージョン商法がまだ変わらないということは、今後、これらのマイナーチェンジ版が出てくる可能性も高いということです。

 そして、このマイナーチェンジ版が、「ポケモン ソード シールド」発表当時から海外で話題になっています。

 

ポケモン ソード シールド、マイナーチェンジ版

ポケットモンスター ガン

 ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」は、剣と盾という意味なので、マイナーチェンジ版の名称としては、武器や防具に関連したものが来る可能性も高いです。

 このような予想の元、海外ファンが、「ポケモン ソード シールド」のマイナーチェンジ版として、「ポケットモンスター ガン」というものを発表しています。

 「ポケットモンスター ガン」の「ガン」は、そのまま拳銃という意味です。

 ガンは、確かに、武器や防具に関連したものであって、普通にマイナーチェンジ版のタイトルとしてありそうです。

 しかし、ゲームのレーティングなどの関係もあって、ポケモンのタイトルなどに採用されることは絶対にないという、かなり微妙なところをついている極めて優秀なネタになっています。

 この極めて優秀なネタ作品を、ロゴ画像も含めていち早く作り出したのが、ツイッターの「@Sir5000」さんであり、このツイートは、2万件近いリツイートと、5万件ぐらいのいいねがなされています。

 

株ポケによる、この2バージョン商法がまだ変わらないということは、今後、これらのマイナーチェンジ版が出てくる可能性も高い

海外ファンが、「ポケモン ソード シールド」のマイナーチェンジ版として、「ポケットモンスター ガン」というものを発表

ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」のマイナーチェンジ版、「ポケットモンスター ガン」のネタは、このように、海外ファンの間で少し前にバズったネタ

ネタに新聞が釣られる

 ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」のマイナーチェンジ版、「ポケットモンスター ガン」のネタは、このように、海外ファンの間で少し前にバズったネタになっていたのですが、今回、このネタに海外の新聞が釣られています。

 その結果、上のような記事が誕生してしまっています。

 この新聞記事には、発表されていない「ポケットモンスター ガン」のロゴが掲載されています。

 ちなみに、このように掲載してしまったのは、前述の「ポケットモンスター ガン」のツイートは、ぱっと見でネタだと分からない微妙なツイートになっているからという部分が大きいと思われます。

 ポケモンのファンならば、この微妙なおかしさがすぐに分かるものの、特に詳しくない人が見れば、本当にこの3つが発表されたと思ってしまっても不思議ではないという、だまし絵のような部分も含めた、極めて優秀なネタなので、新聞記事を書いた人は特にポケモンに詳しくなかったのかもしれません。

 ということで、「ポケットモンスター ガン」の新聞掲載の話題は、パクツイではなく、この作品をいち早く生み出した別の有能な人がいたというのが正しい紹介の仕方になっており、この人のツイート自体も、だまし絵のような面白さがあって優秀だったため、新聞が釣られた可能性が高いかもしれません。

 なお、この新聞記事の「ポケットモンスター ガン」のロゴ画像は、写真が鮮明ではないので違う可能性もありますが、バズったツイート主の画像から、クレジットの「@Sir5000」が消されているような感じもあるので、ツイッターの画像をそのまま載せたのではなく、編集して掲載している可能性も指摘されています。

 つまり、「@Sir5000」のクレジットに気づきながら、コラ画像だと気づいていないという、おかしな部分もあります。

 このため、ツイッターなどで出回っているのは、ほぼ「@Sir5000」さんのパクリ画像ばかりですが、もしかしたら、ネットのどこかに、クレジットを消したバージョンが後から作られていて、その内容を見た新聞社がそこから転載した可能性もあります。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. より:

    マイナーチェンジ版として来年発売されるかどうかは分からないが、ただし、第8世代(ポケモンソード、ポケモンシールド)の続編作として発売される可能性は十分有り得る。

  2. より:

    XY時代のようにマイナーチェンジ版が出ない可能性もあるし、続編やマイチェンが出るとしても「ガン(拳銃)」って名前で出すことは絶対に有り得ないわ。ネタとして受け流せよ

  3. 名無しさん より:

    続編出たとしても銃はないよ。
    ちょっと考えればわかるっしょ。

  4. ハルル より:

    どっちかと言うのと槍か杖の法が良いですね。

  5. より:

    私自身、コメントの書いた内容については、真に受けた内容として書いたのではなく、何もマイナーチェンジ版「ポケットモンスターガン」が発売されるとは思ってはいません。ただこの記事においては、早くもポケモンソード、ポケモンシールドと来れば、来年のポケモンの新作の予想も、当然、海外の誰か、若しくはどこかのサイトが予想してもよろしいとは思います。創造性を膨らませる意味では、問題はなく、変な意味でとらえる必要性はありません。ガンって言う意味は、海外では「拳銃」、日本では「悪性新生物(一般的には体の病気におけるガン)」という違った捉え方をします。縁起が悪くなるようなポケモンの最新作におけるタイトルを付けるようなことはないでしょう。コメントの内容については、誤解を与える内容だったかもしれませんが、要するに来年のポケモンの新作はポケモン第8世代の続編作ポケモンソード?????、ポケモンシールド?????というタイトルで発売されると思います。と書きたかったのです。

  6. 匿名 より:

    ウルトラサンムーンみたいな強化版が出るとしたら、マスターソードとマスターシールドで良いよ

  7. 匿名 より:

    ジョークとはいえ、まだ第三が判明していない段階でのタイトルは早計だ

  8. 匿名 より:

    マイチェンの出し方はBWの時に変えたんだろ。タイトル+αで2本出して3体目の伝説はパケ伝と合体する。次作は合体とか特になくマイチェンも出さない。その次はタイトル+αのマイチェン出して合体(もどき)。みたいな方向性になったんだろ。だから剣盾はマイチェン出ない。4世代リメイクは来るかわからないけど今までリメイク作でマイチェン出たこと無いからptはでないだろうね。