ポケモン ソード シールド、見えるけどエラーが出る不正なレイド対策

ポケモン ソード シールド、見えるけどエラーが出る不正なレイド対策

 ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」の情報を1つご紹介しておきます。

 今回は、見えるけどエラーが出る不正なレイド対策についてです。

 

ポケモン剣盾、不正なレイド対策

ポケモン剣盾、不正なレイド対策

 「ポケモン ソード シールド」には、マックスレイドバトルという仕様が存在します。

 マックスレイドバトルは、複数人でポケモンを倒し、ポケモンをゲットする遊びです。

 このレイドは、普段は登場しない珍しいポケモンが期間限定で登場することもあります。

 ただ、イベントなどではなく、データを改変して、通常は出ないポケモンをレイドに不正に出す人がいて問題になっています。

 その結果、「改造レイドでザルードが既に出回る」状態だったわけですが、この問題は、先日の「ポケモン ソード シールド」のアップデートで少し対策が入っています。

その対策は、レイドの改造自体は無効化されていないものの、そのような不正なレイドは、オンラインのレイド情報に出現しにくくなった

 その対策は、レイドの改造自体は無効化されていないものの、そのような不正なレイドは、オンラインのレイド情報に出現しにくくなったというものです。

 また、オンラインで通常とは異なる不正なレイドが流れて来た場合、その部屋に入ろうとしても、エラーが出て入れないパターンが多くなっています。

 よって、「ポケモン ソード シールド」の不正なレイドは、その存在が消えてなくなったわけでは全くありませんが、以前よりも目にする機会が減り、見えた場合でも入ろうとするとエラーが出て、第3者が知らずにプレイしてしまわないようにする対策が導入されています。

 なお、今回の「ポケモン ソード シールド」の不正なレイド対策は、対策のしようがないという部分もありますが、オンラインでのみ機能し、ローカル通信の場合は機能していません。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    どっちみちいつも鍵付きだから入れない