ポケモン ソード シールド、ライブ大会の出場権の剥奪などの対応を発表

ポケモン ソード シールド、ライブ大会の出場権の剥奪などの対応を発表

 ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」について、1つ案内が出されました。

 今回は、ライブ大会の出場権の剥奪などの対応が発表されています。

 

ポケモン剣盾、出場権の剥奪など

ポケモン剣盾、出場権の剥奪など

 「ポケモン ソード シールド」は、現在、少し前にご紹介したように、切断バグというものが存在します。

 切断バグは、オンラインでポケモンバトルを行うときに関係するバグです。

 特定のタイミングでオンライン状態をオフにすると、自分が負けたという判定が付かなくなり、相手は勝ったという判定が付かないという、バトル結果を「無」にするバグになっています。

 今回、このバグに関して案内が1つ出ています。

ライブ大会などだけではなく、ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」のインターネットを介した全てのコンテンツの利用を一時的または永続的に停止

 それは、株式会社ポケモンも、バトルスタジアムのランクバトルやインターネット大会において、このようなバグが存在していることを把握しているというものです。

 また、このバグの使用者は、今後開催されるランクバトルやインターネット大会のランキングからの除外、ライブ大会などの大会出場権の剥奪といった対応を取る場合があると案内されています。

 さらに、ライブ大会などだけではなく、ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」のインターネットを介した全てのコンテンツの利用を一時的または永続的に停止する場合があるとも発表されています。

 よって、「ポケモン ソード シールド」の切断バグ使用者に対して厳しい対応を行うことが案内されたということになっています。

今回のバグについては、「ポケモン ソード シールド」をアップデートして問題を修正すれば解決する話ではあります

 ちなみに、1回でも使用したらこのような厳しい対応がなされるのかと言えばそういうことでもなく、「今後の調査の結果、このような不正操作・迷惑行為が繰り返し行われていると確認された場合」に対応するとされています。

 この点については、普通に参加している人にとっては、1回でも使用すればBANして欲しいと思うかもしれませんが、オンライン状態からの切断は、故意なのか過失なのかはなかなか判定しにくいこともあり、このような対応になっているのだと思われます。

 なお、今回のバグについては、「ポケモン ソード シールド」をアップデートして問題を修正すれば解決する話ではあります。

 ただ、このバグは、直せないことはないものの、直すためには処理をかなり変更しないといけないので少し時間が掛かると思われます。

 また、オンラインでの検証が必要なので、すぐには修正できないわりと厄介なものかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    なんかこれ見てると
    ランキング上位ぐらいしか対応しないんじゃない?
    手作業だろうし全員の調査無理っぽい

  2. 匿名 より:

    今ゲーフリはコロナでテレワーク中なのでバグ自体の修正は難しいのでしょう
    何にしてもこれでバグ利用が減るのは良い事です

  3. ななし より:

    切断…PSO2…うっ…頭が

  4. 匿名 より:

    とてもいい対応だと思います。

  5. 匿名 より:

    直す技術が無いなりの悪くない判断

  6. 匿名 より:

    ポケモンに限ったことではないけど、切断厨なんてダイパの時代から居たし…昔から素直にまいったが出来ないリアルキッズや精神的キッズが多すぎる。相手の戦略に嵌まって勝機が無くなったのなら、潔く称賛してまいったするのが対戦の礼儀。良い措置だと思います。

  7. 匿名 より:

    まあ自分の弱さを認めて相手を讃えて今後にいかすべきだね。
    無にしたところで相手より劣っていたのは変わらないわけだしな。

  8. 匿名 より:

    わるあがき

  9. かたつむり より:

    スマブラもどうにかしてほしい

  10. 匿名 より:

    ネット対戦始まってまだ数作というゲームじゃけぇ