ポケモン ソード シールド、改造個体の交換が発生してしまう状態に

ポケモン ソード シールド、改造個体の交換が発生してしまう状態に

 ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」について、1つ情報が出ています。

 今回は、改造個体の交換が発生してしまう状態になっているというものです。

 

ポケモン剣盾、改造個体の交換

ポケモン剣盾、改造個体の交換

 「ポケモン ソード シールド」は、過去の全てのポケモンが登場するわけではなく、その登場ポケモンの種類は限られています。

 ただ、現時点ではゲーム内で普通の入手方法は存在しないものの、データだけ存在するポケモンというものもいます。

 今回、こういったポケモンが交換で既に入手可能になっていることが判明しています。

 現在、ポケモン交換を行うと、ガオガエンなどの「ポケモン サン ムーン」の御三家やその進化系などが送られて来ることがあります。

 これらは、前述のようにデータだけは存在するポケモンなので、「ポケモン ソード シールド」のソフトを改造すれば出現させることが可能です。

 ただ、これまでは、オフラインで改造して出現させることしかできませんでしたが、今日から、交換でも流せるようになっているので、自分で何も改造していない人が、交換でガオガエンなどの改造個体を入手するケースがいくつも出ているようです。

 

データだけは存在するポケモンなので、「ポケモン ソード シールド」のソフトを改造すれば出現させることが可能

ポケモンホームのリリースが近い

 ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」で、未解禁の改造個体の交換が発生してしまっているのは、ポケモンホームのリリース日が近いからです。

 ポケモンホームは、2020年2月上旬にリリースすると発表されていましたが、現時点では、リリース予定日を過ぎても何も案内は出ていません。

 ただ、このポケモンホームが解禁されると、ガオガエンなどの「ポケモン サン ムーン」の御三家やその進化系など、「ポケモン ソード シールド」にデータだけ存在するポケモンの交換や、持ち込みが出来るようになります。

 そして、そのようなことが出来るようにするために、ポケモンホームのリリース準備として、オンライン上で交換できるポケモンのリストが更新されています。

 つまり、このリスト更新により、これまでオンライン交換に流せなかったポケモンを流すことが可能になり、普通には入手できないガオガエンなどを受け取ってしまう可能性がある状態になっています。

ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」で、未解禁の改造個体の交換が発生してしまっているのは、ポケモンホームのリリース日が近い

 また、ポケモンホームのリリース前の現時点では、過去作から正規のポケモンの持ち込みは誰も出来ていないはずなので、現在交換で入手できる未解禁ポケモンは、誰かが改造で出したポケモンである可能性が非常に高いということです。

 よって、もし「ポケモン ソード シールド」で普通に入手できないポケモンをポケモンホームのリリース前に受け取ったら、使わずに逃がしておきましょう。

 ちなみに、これだけ改造ポケモンがすぐに流れて来る状態になっているのならば、今回も改造個体のチェックは不十分であり、現在も、そしてポケモンホームのリリース後も、正規のポケモンに交じって相当数の改造個体を知らずに受け取っている可能性が高いのだと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    正直、1年くらいはホーム(過去互換)
    出さなくてもよかったんじゃないかな。

  2. ななし より:

    バージョンアップ時期をしっかりしていればこんなことにならなかったろうに…

  3. 匿名 より:

    ポケモンのセーブデータはその程度で壊れるほど軟弱じゃないので安心していい

  4. 匿名 より:

    一度壊れた身としてはちょっとぬるく感じる発言だぜ

  5. ふむにぬす より:

    気をつけておきます

  6. ふむにぬす より:

    改造ポケモンは手に入ったらにがします