ポケモンホーム発表。ピカブイや剣盾、GOなどの全てのポケモンを集結可能に

ポケモンホーム発表。ピカブイや剣盾、GOなどの全てのポケモンを集結可能に

 「Pokemon HOME」というものが発表されました。

 今作は、ピカブイや剣盾、GOなどの全てのポケモンを集結可能にするものです。

 

「ポケモンホーム」は、ゲーム的な要素も将来的には追加される予定ですが、これまでのような新作ゲームではなく、アプリ的なソフト

ポケモンホーム発表

 「ポケモンホーム」は、ゲーム的な要素も将来的には追加される予定ですが、これまでのような新作ゲームではなく、アプリ的なソフトになっています。

 その内容は、様々なポケモンゲームを繋げるものです。

 ポケモンのゲームを繋げるソフトとしては、これまで「ポケモンバンク」というものが存在していました。

 このポケモンバンクを進化させたものが、今回の「ポケモンホーム」というような「イメージ」です。

 

全てのポケモンを集結可能に

全てのポケモンを集結可能に

 「ポケモンホーム」は、クラウド(ネット)ソフトとして提供されます。

 配信は、ニンテンドースイッチとスマホ向けに行われます。

「ポケモンホーム」の各ポケモンゲームの繋がりイメージは、上の画像のようなものです

 「ポケモンホーム」の各ポケモンゲームの繋がりイメージは、上の画像のようなものです。

 画像を見ると分かるように、ニンテンドー3DSまでのゲームはポケモンバンクと連動し、ニンテンドースイッチの「ポケモン Let’s Go! ピカチュウ Let’s Go! イーブイ」と「ポケモン ソード シールド」はそのまま連動します。

 また、ポケモンGOともそのまま連動する形になっています。

 これらの詳しい繋がりは現時点では明らかにされていませんが、矢印の方向を見ると、今のところ「ポケモン ソード シールド」のみ、ポケモンを「ポケモンホーム」に移動させるだけではなく、「ポケモンホーム」に移動させたポケモンを連れて来れる形になっているようです。

 

ポケモンホームは、これだけでポケモン交換を行うことが可能です

交換が可能に

 「ポケモンホーム」は、将来的にはゲーム機能が追加される予定ですが、配信時点では新たなポケモンバンク的なイメージのソフトになっています。

 ただ、ポケモンホームは、これだけでポケモン交換を行うことが可能です。

 ちなみに、説明会の紹介では、スマートフォンさえあればポケモン交換がいつでも出来るとされているので、これはニンテンドースイッチ版にはない機能かもしれません。

 また、このような交換機能などにより、今作は、「人と人を繋ぐ新たなポケモン体験」が出来るとされています。

 ポケモンホームの配信日は、2020年初旬の予定です。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    互換切れが心配

  2. 匿名 より:

    ピカブイのイーブイとか強そう

  3. 美少女 より:

    3DSのポケモンは…?