ポケモンGO、任天堂が追加生産しないので非公認の商品が大ヒットしてしまう

ポケモンGO、任天堂が追加生産しないので非公認の商品が大ヒットしてしまう

 ポケモンGOについて、1つ話題が出ています。

 今回は、任天堂が追加生産しないので非公認の商品が大ヒットしてしまっているというものです。

 

ポケモンGOは、ナイアンティックがメインのゲームですが、株式会社ポケモンや任天堂なども関係しているゲーム

ポケモンGO、任天堂が追加生産しないので…

 ポケモンGOは、ナイアンティックがメインのゲームですが、株式会社ポケモンや任天堂なども関係しているゲームです。

 このうち、任天堂は、ポケモンGOの周辺機器「ポケモンGO Plus」や、ニンテンドースイッチ「ポケモン Let’s Go! ピカチュウ Let’s Go! イーブイ」などでも使用可能な「モンスターボール Plus」の販売を行っています。

 ただ、「モンスターボール Plus」の入手は容易なものの、「ポケモンGO Plus」は、かなり前から入手困難になっています。

 それは、ある時期以降、任天堂が追加の生産をしていないからです。

 今回、この「ポケモンGO Plus」を、任天堂が長い間、追加生産していないため、非公認の商品が大ヒットしていることが明らかになっています。

 

任天堂は、ポケモンGOの周辺機器「ポケモンGO Plus」や、ニンテンドースイッチ「ポケモン Let's Go! ピカチュウ Let's Go! イーブイ」などでも使用可能な「モンスターボール Plus」の販売

非公認の商品が大ヒットしてしまう

 「ポケモンGO Plus」は、スマホの画面を見ないで、ポケモンのゲットやポケストップからの道具入手を行える周辺機器です。

 これは、Bluetoothを使ってスマホと通信してその機能を実現している機器なので、その通信の仕組みさえ再現できれば、勝手に「ニセモノ」を作ることも出来ます。

 実際、Amazonでは、「ポケモンGO Plus」として売られている商品がニセモノだったという報告が以前から多数寄せられています。

 しかも、任天堂や株式会社ポケモン、ナイアンティックは、このニセモノの対策を全くしていないので、これは現在も被害が続いている状態になっています。

「ポケモンGO Plus」難民が多いということでもあるので、任天堂には早く正規品を再販し、ニセモノや非公認の商品を買うしか手段がない人たちを救済

 一方、「ポケモンGO Plus」だとは名乗らずに販売されている、同様の機能を実現する非公認の商品もいくつか登場しています。

 今回そのような商品の中の1つが、日本での累計販売台数が6000台を超えていることが明らかにされています。

 ちなみに、ゲームの周辺機器で6000台というと大ヒットレベルです。

 それだけ、「ポケモンGO Plus」難民が多いということでもあるので、任天堂には早く正規品を再販し、ニセモノや非公認の商品を買うしか手段がない人たちを救済して欲しいところでしょう。

「ポケモンGO Plus」の正規品が入手できないなら、「モンスターボール Plus」を代わりに使えばいいのではないかと考える人もいると思われ

 なお、「ポケモンGO Plus」の正規品が入手できないなら、「モンスターボール Plus」を代わりに使えばいいのではないかと考える人もいると思われます。

 ただ、「モンスターボール Plus」は、大きくて携帯性に優れておらず、また、ポケットの中などに入れると、ポケモンGO用のボタンの位置もハッキリせず非常に押しにくいので、「ポケモンGO Plus」の方が依然として好まれている部分もあります。

 このため、「モンスターボール Plus」を持ち歩くよりはましかと判断され、非公認の商品がかなり売れている状態にもなっています。

 ちなみに、一番いいのは、「モンスターボール Plus」のオートスピン機能を搭載した、携帯性に優れボタンが押しやすい「ポケモンGO Plus」の新型の発売だと思われます。

 よって、数ある非公認商品の中の1つが6000台も売れていることから考えると、現行モデルの需要もまだまだかなりあると思われますが、今更、「ポケモンGO Plus」を追加生産しにくいのならば、任天堂には買い替え需要も狙って、オートスピン機能などを搭載した「ポケモンGO Plus」の新型を発売して欲しいところでしょう。

 モンスターボールプラス Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    金型とか廃棄してないはずだし
    すぐ再販できそうだけど
    何で何年も作らないんだろうね…
    ポケモンGOは新規プレイヤーも多いから需要もあるのに

  2. 匿名 より:

    結局、モンボプラスはミュウしか価値がない欠陥品だったんだな…

    しかも塗装は2か月で取れる…

  3. 匿名 より:

    マリオカートで訴訟起こすのに
    ポケモンgoは訴訟起こさないのはなんで??

  4. 匿名 より:

    生産設備が壊れて、その後ピカブイ発売でモンスターボール作ったから修理するのをやめたんじゃないかな。

  5. 匿名 より:

    任天堂は周辺機器が欠品しても再生産するまでにえらい時間かかるよね
    GCコンとか接続タップとかamiiboとか(これはWii Uの時からだけど)
    Proコンのゼノブレイド、スマブラエディションも全く再販する気配がないし…
    任天堂の周辺機器は欲しいと思ったらすぐ買わないとダメだね

  6. 匿名 より:

    ポケモンGOプラスの修理は出来ないと今まででした。修理用で中身の基板だけ販売してもらえると、壊れたGOプラスが使えるんだけど
    、修理不可なら再販するべきだと思う

  7. 匿名 より:

    ほしいけど田舎だから手に入らんね…。

  8. 匿名 より:

    追加生産しないのは謎だな

  9. 匿名 より:

    let’s goピカブイでもポケGOとの連動方法が分かり辛らかったり、ポケモン消失バグがあったりして、なんか帳尻合わないなとは思ってたんだけど。
    株ポケとナイアンとの仲があんまり良くないって噂は本当の気がしてきたわ。