ポケモンGO、ミスルギア爆誕。詫びルギアに続くレアな個体に

ポケモンGO、ミスルギア爆誕。詫びルギアに続くレアな個体に

 ポケモンGOで、ミスルギアが爆誕しています。

 このルギアは、詫びルギアに続くレアな個体になっています。

 

ポケモンGOで、ミスルギアが爆誕しています

ポケモンGO、ミスルギア爆誕

 ポケモンGOでは、ルギアは、レベル5のレイドバトルでのみ入手出来ます。

 これまで何度か、レベル5でのルギア出現が行われていますが、現時点では入手方法は存在しません。

 ただ、2018年5月15日(火)の朝、レベル5のタマゴからルギアが出現していました。

 ルギアは、このように全国的に目撃されており、一時期、レベル5での出現が世界的に全てルギアになっていたようです。

 ポケモンGOでは、2018年5月15日(火)の朝まで、かくとう系のポケモンの湧きが良くなるなどの「バトルウィーク」のイベントが実施されていました。

 今回の出現は、おそらく、このイベントの設定をサーバー側で元に戻す時に、レイドバトルの設定も、ルギア版のときのものに戻してしまったことから発生したのだと思われます。

 よって、ラティオス(or ラティアス)が湧くはずが、バグでルギアになっていたということになります。

 ちなみに、ツイッターなどで報告が相次いだ後、このルギアの湧きはすぐに停止され、元のラティオス(or ラティアス)の湧きに戻っています。

 ただ、出現したタマゴやルギアの取り消しは実施されなかったので、設定が戻される前に、ルギアをゲットできた人も多いということになっています。

 また、運が非常に良い人は、前回の湧きから追加されている、色違いのピンクバージョンも入手出来たようです。

このルギアはバグルギアと呼んでもいいですが、設定ミスで出て来たルギアということで、「ミスルギア」と命名しておきましょう

 そして、このルギアはバグルギアと呼んでもいいですが、設定ミスで出て来たルギアということで、「ミスルギア」と命名しておきましょう。

 ツイッターを検索した限り、誰も言っていないので全然流行っていませんが、「詫びルギア」に続くレアな個体として「ミスルギア」が爆誕したと言ってもいいでしょう。

ミスルギアには、何か特別な性能があるわけではありませんが、ポケモン画面の一番下には、ゲットした日時も表示されるので、ここが「2018年5月15日」になっている個体は、全世界でそれほど多くないので、レア個体

 なお、ミスルギアには、何か特別な性能があるわけではありませんが、ポケモン画面の一番下には、ゲットした日時も表示されるので、ここが「2018年5月15日」になっている個体は、全世界でそれほど多くないので、レア個体と言えるということになります。

 今後、アメにされて数が減ることはあっても、「2018年5月15日」生まれのルギアが増えることはないので、ミスルギアをゲットできた人は、ちょっとしたレアとして残しておくといいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    メスのルギアみたいに聞こえるから普通にバグルギアでええやん

  2. 管理人 より:

    バグルギアでもいいと思いますが
    それだと何か現在進行形でバグっているのかというイメージもあるので
    ここはあえてミスルギアにしました。
    ネタのような記事なので、呼称は皆さんの好きなものでいいと思います。