ポケモンGO、海外トレーナーとフレンドになるメリットと方法は…

ポケモンGO、海外トレーナーとフレンドになるメリットと方法は…

 ポケモンGOのフレンドの情報を、1つご紹介しておきます。

 今回は、海外トレーナーとフレンドになるメリットや方法などです。

 

フレンドになる方法は、プロフィールページでスワイプして、フレンドのページに切り替え、「フレンド追加」のボタンを押して行います

ポケモンGOのフレンド機能

 ポケモンGOでは、少し前に「フレンド機能」が追加されています。

 このフレンド機能は、現在、トレーナーレベルが10以上ならば利用可能です。

 フレンドになる方法としては、まず、プロフィールページでスワイプして、フレンドのページに切り替え、「フレンド追加」のボタンを押します。

 自分でフレンドを追加する場合は、相手のトレーナーコードを入力します。

 誰かにフレンドとして追加してもらうためには、相手に自分のトレーナーコードを伝え、入力してもらいます。

 つまり、フレンドになるためには、近くにいる必要はなく、遠方の相手とも、オンライン上でフレンドになれます。

 これを利用して、海外のトレーナーとフレンドになる人も増えています。

 

海外トレーナーとフレンドになる方法

海外トレーナーとフレンドになる方法

 海外トレーナーとフレンドになる方法は、基本的には、前述のコード入力を行ったり、コードの入力を行って貰うだけです。

 海外にも、5ch的な掲示板はあって、そこでフレンドコードの交換なども行われていますが、今回は、ツイッターで行われている交換をご紹介しておきます。

 海外トレーナーは、ツイッターで「#PokemonGOfriend」のハッシュタグをつけて、交換を求めている人が多いので、この文字でツイッターを検索し、その中から、フレンドになりたい人を見つけるといいでしょう。

 このハッシュタグで募集している人は、別にマナー違反ではないので、大体は、無言でコードを入れても怒られたりすることはありません。

 また、自分から、#PokemonGOfriendのハッシュタグをつけて、フレンドを募集してみてもいでしょう。

 募集するときは、トレーナーコードと、ハッシュタグ、そして、Japanとでも書いておけば十分です。

 Hello I am a Japanese Pokemon trainer.
 Let’s be friends in Pokemon GO!
 My Trainer Code is 1111.
 #PokemonGOfriend

 このような感じのテンプレートもあるようなので、「1111」の部分を実際のコードに変更してコピペ投稿するといいでしょう。

 

ポケモンGOで、海外のプレイヤーとフレンドになるメリットもご紹介しておきます

海外プレイヤーのメリット

 ポケモンGOで、海外のプレイヤーとフレンドになるメリットもご紹介しておきます。

 まず、フレンドの「ギフト」の送受信は、どれだけ距離が離れていても行うことが可能です。

 このため、ギフト目的でフレンドを増やしたいだけの人にとっては、日本人でも海外の人でも、どちらでもメリットは変わらないということになります。

 海外プレイヤーとフレンドになることで得られる真のメリットは、ギフトを受け取り、そこから7kmタマゴが出たときに生じます。(*タマゴが出る可能性があるのはタマゴ枠に空きがあるときのみ)

 具体的には、もっと先の、7kmタマゴが孵化し、そのタマゴ産ポケモンを、「対面交換できる」フレンドとポケモン交換したときに発生します。

 また、そのお返しとして、対面交換したフレンドから、別の海外7kmタマゴ産のポケモンを受け取ったときにも発生します。

 

交換相手とお互いに行い合えば、ポケモンGOのパイロットのメダルを金にする効率が良くなるということです

パイロットのメダルを金に

 ポケモンGOでは、少し前に、新たなメダルが追加されています。

 この中に、「パイロット」という、交換したポケモンの移動距離に関するメダルが存在します。

 そして、これを金まで上げる効率的な方法が、前述の海外トレーナーとのフレンド関係にあるということです。

 自分の7kmタマゴ産の海外ポケモンを、「対面交換できる」相手の日本産の適当なポケモンと交換すると、7kmタマゴが得られた場所と、日本産のポケモンの距離が「パイロット」の距離として計算されます。

 これを、対面交換相手とお互いに行い合えば、ポケモンGOのパイロットのメダルを金にする効率が良くなるということです。

 ちなみに、効率が良くなるというよりも、「パイロット」は100万kmもあるので、海外の人とフレンドにでもなっていないと、これを金メダルにするのは相当大変だと思われます。

 なお、「ポケモンGO」のフレンド関係は、ギフトにポケストップの場所が書かれてあったり、自分の行動が相手に通知されるようになっていて、自宅が特定される危険もあるので、気になる人は、国内外の人を問わず、ネット上でフレンドになる行為には、注意しておいて下さい。

スポンサーリンク

シェアする