ポケモン映画2018、正式タイトルは劇場版ポケットモンスター みんなの物語

ポケモン映画2018、正式タイトルは劇場版ポケットモンスター みんなの物語

 ポケモン映画2018の正式タイトルが発表されました。

 今年のポケモン映画は、「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」というタイトルです。

 

 

劇場版ポケットモンスター みんなの物語

 2018年のポケモン映画は、今日放送の「おはスタ」で新映像が公開されると少し前に予告されていました。

 その予告通り、今日のおはスタでは、上のような新たな動画が公開されています。

ポケモン映画2018の正式タイトルが発表されました

 今回の映像では、ポケモン映画2018の正式タイトルが「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」というものになっていることが発表されました。

今年のポケモン映画は、「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」というタイトルです

 新映像は、「ここは人々が風と暮らす街」というセリフと共に始まります。

 そして、街並みが映し出され、「私たちは1年に1度、ルギアと風をもらう約束をする」と続きます。

劇場版ポケットモンスター みんなの物語

 また、このポケモン映画2018の新映像では、私、ポケモンなんてわかんないのにと言う、ポケモン初心者「リサ」、

今回の映像では、ポケモン映画2018の正式タイトルが「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」というものになっていることが発表

 この辺りには、超レアポケモンがいるらしいと話す、ホラ吹き男「カガチ」、

僕もあんな風に人前で喋れたらと話す、気弱な研究家「トリト」

 僕もあんな風に人前で喋れたらと話す、気弱な研究家「トリト」、

こっちに来るんじゃない、あたしゃポケモンに関わりたくないとポケモンにあたる、変わり者のおばあさん「ヒスイ」

 こっちに来るんじゃない、あたしゃポケモンに関わりたくないとポケモンにあたる、変わり者のおばあさん「ヒスイ」、

大丈夫、私が絶対守るからと話す、謎の少女「ラルゴ」という、5人の登場人物が紹介

 大丈夫、私が絶対守るからと話す、謎の少女「ラルゴ」という、5人の登場人物が紹介されています。

映像の最後には、ルギアの飛行シーンが登場します

 映像の最後には、ルギアの飛行シーンが登場します。

そして、サトシが「みんながいると 何でもできる」とコメントしています

 そして、サトシが「みんながいると 何でもできる」とコメントしています。

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」は、2018年7月13日に公開予定です

 「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」は、2018年7月13日に公開予定です。

 今回の映像を見る限りでは、笛の音色は同じですが、劇場版ポケットモンスターの第2弾「ルギア爆誕」の直接のリメイクではない感じですが、果たしてどのような映画になっているでしょうか。

 ちなみに、おはスタでは、2018年のポケモン映画も、去年の「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」に続いて、感動の物語になっているというようなことがコメントされています。

 また、2018年3月1日(木)に、この映像について、もう少し詳しい情報が出るようです。

今回の映像を見る限りでは、笛の音色は同じですが、劇場版ポケットモンスターの第2弾「ルギア爆誕」の直接のリメイクではない感じですが、果たしてどのような映画

 なお、ポケモン映画公式サイトも、今回の新映像公開にあわせて、更新が行われています。

 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    今回の映画はドラえもんでルギア爆誕をしたらどうなるかみたいな感じを受けた
    ドラえもんが昨今のアニメのベースになっている感じ。妖怪ウォッチが断念したドラえもんベースをポケモンが挑戦する形になっている。川村氏の影響がここにもでてきている気分

  2. ららら太郎 より:

    今回の映画はドラえもんのベースルギア爆誕をしたらどうなるかという感じの印象を受けた。今回から川村氏の号令で金曜日公開になるのでテレビアニメも例外なく適用されてくるから今後も多少大人向け色を出していく流れとポケモンの初代狙いが相まった感じ。そのドラえもんも今回は川村氏だから似たようになるんですね

  3. 匿名 より:

    アニポケ映画は「ダイヤモンド&パール」で切っておくべきだったな。

  4. 匿名 より:

    あまりにトンチンカンなこと言ってて吹いた
    川村氏って言いたいだけじゃんw

    アニポケ映画は今までやっていて正解だな。公開すりゃ最低20億以上稼いでくれるなんて、他映画にしちゃ羨ましい限りだよ。切る理由が1つもない、切るべきと言う人は話や絵柄などの価値観が「合わないだけ」なのだから観なければいい話。

  5. 匿名 より:

    今回から川村氏の号令で金曜日公開になる
    →そうなの?じゃあなんでドラえもんは土曜日公開なの?3月公開だから?ぜひともソースを載せていただきたい。自身が手掛ける作品は土曜日公開なのにその言い分はどうかと。

  6. 名無しさん より:

    ええやんけ
    一昨年までの映画はアニポケ見てる人&配信目的のゲーム厨だけを対象にしていた感じやったが、昨年に続いて今年も今はポケモン見てないやってない客でも見てみてもいいかなと思わせるような感じ、ええやんけ
    いつまでもこうじゃなきゃダメやとか絵柄が受け付けられないとか言うんやったら、今後映画見るのやめればいい話やん

  7. 匿名 より:

    切るメリットなくね?

  8. 匿名 より:

    オリジナルやるんだったら
    サンムーン劇場版やった方がよかったな
    今年はコケそうだ

  9. 匿名 より:

    普通に考えてサンムーンの方がコケでしょw
    今アニポケ見てるKIDSや大きなKIDSは見に行くだろうけど、あの絵柄で今ポケモン見てない客からしたら絶対入ってこないww

    どう考えたってオリジナルにした方が、
    今アニポケ見てるKIDS大KIDSがサンムーンじゃないから行かない人数&損失収入<少し興味あって見に行く人数&収入 だろwww

  10. 匿名 より:

    サンムーンアニメ好きだが客観的に物事見てみようぜ?サンムーン好きな奴らからしたら絵柄や内容を知っている慣れているからな

    自分は既にポケモン卒業していた体として、サンムーンを知らない体として、

    アニメサンムーンのビジュアルポスター(絵柄)と今年オリジナルのビジュアルポスター(絵柄)

    どっちの方がより客が入ってくると思う?w
    子供達より大人がより入ってきてくれた方が動員数は減っても収入は増えるからな、去年とケルディオを比較すると一目瞭然。収入は0.6億しか変わらないのに動員数は55万人以上差が開いてる。またゲノセクトの時より動員数少ないのに3.8億も違う。

    2017 キミにきめた
    興行収入 35億5000万円
    動員数 291万9211人

    2013 ゲノセクト
    興行収入 31億7000万円
    動員数 295万人

    2012 ケルディオ
    興行収入 36億1000万円
    動員数 347万人

  11. ただのカキファン より:

    ワクワク!30億はいきそう!!

  12. 匿名 より:

    自分はただのお客さんだから興行収入なんてどうでもいい
    面白いかどうかだけが気になる

  13. 匿名 より:

    子どもをメイン層に据えるなら現行(SM)の映画に軍配が上がりますが、大人もしくはSMを知らない層を重視するならキミに決めた!路線の方がよさげでしょうか
    年齢層が広いアニメゆえターゲットを絞るのは厳しいでしょうね

  14. 匿名 より:

    きみにきめたは予告見ていきたくなった
    こっちは予告見て不安になった・・・

  15. 匿名 より:

    騒いでる奴ってだいたい毎回騒いでるし勝手に不安がってるよな
    まずリメイクか?完全新作か?って。
    特報きたら、去年で言うと
    アニポケ本編とは違う話なの?パラレルで大丈夫なの?歴史改悪じゃね?なんでタケシカスミじゃないの?って。

    次世代偽御三家のリークの時も思ったが、騒ぎすぎ、子どもじゃあるまいし。

  16. 匿名 より:

    期待はあんまりできんけど、サンムーンの声優さんが結構出てそうな感じかな?

  17. 匿名 より:

    ラルゴの守ってるポケモンが気になる
    幼稚園児か低学年くらいの背丈だから、背が低いジョウト地方のポケモンでそれなりにビックリするポケモンはなんだろう?
    アンノーンか、セレビィかな?

  18. ただのカキくんファン より:

    登場人物が多いけど、群像劇になるのかな?