その他

株式会社ポケモン、2倍以上の利益で過去最高を更新。ダイパリメイクにアルセウス

スポンサーリンク
株式会社ポケモン、2倍以上の利益で過去最高を更新。ダイパリメイクにアルセウス

 株式会社ポケモンについて、1つ情報が出ています。

 情報は、2倍以上の利益で過去最高を更新しているというものです。

 

株ポケ、2倍以上の利益

株ポケ、2倍以上の利益

 株式会社ポケモンの2022年2月期(第24期)の決算が明らかになっています。

 これによると、株式会社ポケモンの2022年2月期の決算は、売上高2042億900万円(前年比70.15%増)、営業利益598億6000万円(同115.29%増)、経常利益622億4100万円(同122.53%増)、最終利益413億9200万円(同122.18%増)という内容になっています。

 この決算は、全ての項目で前年同期を上回っており、非常に良いと言える内容です。

 また、最終利益の約414億円という内容は、過去最高を更新するものになっています。

 しかも、これまでの過去最高は、2021年2月期(第23期)の約186億円だったので、今回の決算は、その2倍以上の利益を出して過去最高を更新するものです。

今回は、「ポケモンGO」の他に、「ダイパリメイク」と「アルセウス」という2つの本編作品が同じ決算年度内に発売

 株式会社ポケモンが、これほどまでに利益を出せているのは「ポケモンGO」のおかげです。

 ただ、今回は、「ポケモンGO」の他に、「ダイパリメイク」と「アルセウス」という2つの本編作品が同じ決算年度内に発売されています。

 このため、「ダイパリメイク」と「アルセウス」から得られている利益も加わり、2倍以上の利益で過去最高を更新した形になっています。

 ちなみに、今回の株式会社ポケモンの利益全体を10とすると、「ポケモンGO」で5、「ダイパリメイク」で2、「アルセウス」で2、「その他」で1ぐらいを稼いでいる「イメージ」です。

 

「ダイパリメイク」と「アルセウス」から得られている利益も加わり、2倍以上の利益で過去最高を更新した部分

ポケセンも

 株式会社ポケモンは、グッズなどを販売する「ポケモンセンター」も運営しています。

 このポケモンセンターは、株式会社ポケモンセンターという別会社で経営されており、今回、その決算も明らかになっています。

 これによると、株式会社ポケモンセンターの2022年2月期(第11期)の決算は、最終利益が前期比25.0%増の2億500万円です。

 よって、こちらも好調な決算になっています。

 株式会社ポケモンセンターが好調な理由は、未だに品薄が続くポケカ関連商品の販売によるところが大きいと思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    ポケモンgoも新ポケモンの供給が限られてマンネリしてるって非ポケモンファンから叩かれてるけど、思ったよりもヘビーユーザーがいたりするんですかね。

  2. 匿名 より:

    ポケGOも一時のブームだけでなく、ここまでしっかり維持できてるのが凄い
    余裕があるからこそアルセウスとか挑戦的な作品にもリソースを割けるのだろうし

  3. 紀州梅 より:

    和歌山にもポケモンセンター欲しいです(´・ω・`)
    ダイパもアルセウスも買いましたが、ダイパ叩かれてますが普通に面白いと思います、自分は今でもダイパで遊んでるので(笑)

  4. 匿名 より:

    営業利益率高すぎ!! 製造業をやってるのが馬鹿らしくなってくるな・・・

  5. 匿名 より:

    手を抜けば利益あがるって寸法よ

タイトルとURLをコピーしました