ポケモンGO、ユクシー、エムリット、アグノム追加。カラナクシは…

ポケモンGO、ユクシー、エムリット、アグノム追加。カラナクシは…

 ポケモンGOで、新たなポケモンが追加されています。

 今回は、ユクシー、エムリット、アグノムの追加です。

 

ポケモンGO、ユクシー、エムリット、アグノム

ポケモンGO、ユクシー、エムリット、アグノム

 ポケモンGOでは、今日から、これまで入手できなかった「新ポケモン」が追加されています。

 新たに追加されたのは、ユクシー、エムリット、アグノムです。

 これら3匹は、セットで語られることが多くなっており、「ポケットモンスター ダイヤモンド パール」世代の伝説のポケモン扱いとなっています。

 3匹の英語の頭文字を取ると、UMAとなることなどから、UMA(ユーマ)と呼ばれることも多いです。

 UMAとは、ポケモン用語ではなく、未確認生物のことをこのように呼ぶことがあり、そこからポケモンでその名前になるようにこれらのポケモンが作られたということです。

新たに追加されたのは、ユクシー、エムリット、アグノムです

 ポケモンGOのユクシー、エムリット、アグノムは、伝説のポケモンであるものの、野生で出現しています。

 ただし、地域によって出現が異なり、日本を含むアジアではユクシー(黄色)のみが出現しています。

ポケモンGOのユクシー、エムリット、アグノムは、伝説のポケモンであるものの、野生で出現しています

 残りのエムリット(ピンク)はヨーロッパ周辺地域に、アグノム(青色)はアメリカ周辺地域に出現しています。

残りのエムリット(ピンク)はヨーロッパ周辺地域に、アグノム(青色)はアメリカ周辺地域に出現しています

 また、これら3匹の出現率は非常に低く、アンノーンなどと同じく、野生ではほぼ見かけないレベルです。

 よって、探しても無駄と言えるぐらいの湧きしかないので、「近くにいるポケモン」に運良く影が映ったら取りに行くぐらいです。

 今後、レイドなどに登場するかもしれないので、普通の人はその時ぐらいしか入手できないかもしれません。

 

ポケモンGOでは、今日から、カラナクシも追加されています

カラナクシは…

 ポケモンGOでは、今日から、カラナクシも追加されています。

 ただ、追加された後、すぐにその出現が削除されています。

 カラナクシは、「にしのうみ」というピンク色と、「ひがしのうみ」という青色の2種類が存在しますが、どちらも野生で登場します。

カラナクシは、「にしのうみ」というピンク色と、「ひがしのうみ」という青色の2種類が存在しますが、どちらも野生

 本日、カラナクシが追加されたときは、どちらの色も野生で入手可能でしたが、すぐに削除されたということは、地域によって出現する色を変えたかったのに失敗したのかもしれません。

 こちらはレア湧きではないと思われますが、今後、修正された形で導入されると思われるので、「近くにいるポケモン」に影が出たら取りに行ってみましょう。

 

カラナクシが追加されたときは、どちらの色も野生で入手可能でしたが、すぐに削除されたということは、地域によって出現する色を変えたかった

アースデイイベント

 ユクシー、エムリット、アグノムと、カラナクシの追加は、期間限定ではありませんが、ポケモンGOでは、今日からまた期間限定のイベントが実施されています。

 今回は、アースデイイベントです。

 アースデイイベントは、2019年5月2日(木)まで実施されます。

 イベント内容は以下です。

・ じめんタイプのポケモンが、いつもより多く出現
・ じめんタイプのポケモンを捕まえた時にもらえる「ほしのすな」と「ポケモンのアメ」の量が2倍
・ 色違いの「ディグダ」が追加
・ グラードンがレイドバトルに登場

スポンサーリンク

シェアする