ポケモンGO、カビゴンがリサーチに。幻の「のしかかり」持ち

ポケモンGO、カビゴンがリサーチに。幻の「のしかかり」持ち

 ポケモンGOで、カビゴンがリサーチに登場します。

 今回のカビゴンは、幻の「のしかかり」持ちになっています。

 

ポケモンGO、カビゴンがリサーチに

ポケモンGO、カビゴンがリサーチに

 ポケモンGOでは、2017年7月2日(月)早朝から、リサーチの内容がまた少し変更されます。

 今回は、カントー地方のポケモンをテーマにしたものになっています。

 リサーチのタスクを達成すると、カントー地方のポケモンである「ピカチュウ」、「イーブイ」、「メタモン」などに出会えるようになります。

 また、リサーチの「大発見」に、カビゴンが登場します。

 カビゴンは、リサーチのタスクを7回達成すると得られる、「大発見」の報酬として登場します。

 このため、現在登場している「フリーザー」は、2017年7月2日(月)早朝までの登場になります。

 

「のしかかり」は、ポケモンGOの初期にカビゴンが覚えていた技です

幻の「のしかかり」持ち

 ポケモンGOでは、カビゴンは、野生でたまに湧いているので、これまでの大発見ポケモンと比べると、レア度は低いです。

 ただ、今回のリサーチでゲット出来るカビゴンは、特別な技を覚えています。

 覚えているのは、「のしかかり」という技です。

 「のしかかり」は、ポケモンGOの初期にカビゴンが覚えていた技です。

 その後、覚えなくなり、現在は入手方法が存在しないため、幻の技のような感じになっています。

 今回、リサーチの報酬で、この「のしかかり」の技を覚えたカビゴンがゲット出来るようになるので、持っていない人は、この機会にゲットしておきましょう。

 ちなみに、この技を覚えたカビゴンは、それなりに強いです。

 強さを発揮するのは、カビゴン自体がそうですが、ジムに置いたときです。

 「のしかかり」は、避けるのが難しい技で、バランスが悪いとして削除されたのではないかとも言われていたので、ジム置き用にゲットしておくといいでしょう。

 なお、プレイ初期を除いて、レイドなど、バトルで使う機会はほとんどないと思われます。

スポンサーリンク

シェアする