ポケモンGO、色違いヒンバス入手のリサーチデイ。ガチ勢はオスとメスをゲット

ポケモンGO、色違いヒンバス入手のリサーチデイ。ガチ勢はオスとメスをゲット

 ポケモンGOのリサーチデイが、2019年1月20日に実施されます。

 今回は、色違いヒンバス入手がメインです。

 

ポケモンGO、色違いヒンバス入手

ポケモンGO、色違いヒンバス入手

 ポケモンGOのリサーチデイは、日時限定で特別なフィールドリサーチが登場するというものです。

 今回は、2019年1月20日(日)12時から15時までの間に出現します。

 この時間帯になると、全国のポケストップのフィールドリサーチが変更され、イベント用の特別なものに変わります。

 そして、この特別なフィールドリサーチを達成すると、ヒンバスが入手できます。

 今回登場する特別なフィールドリサーチのタスクは複数あり、以下のものです。

・ タマゴを1つ孵す
・ 相棒と歩いてアメを1つ入手する
・ ナイススローを15回投げる
・ グレートスローを10回投げる

 これらのタスクを達成すると、通常は普通の色のヒンバスが入手でき、運が良いと色違いのヒンバスが入手できます。

 ちなみに、以前は、色違いのポケモンが出るタスクは、ポケストップごとに決まっていましたが、今回はこの仕様がなくなっています。

 このため、特定のポケストップから必ず色違いのヒンバスが出るということはなく、どのポケストップのタスクから色違いヒンバスが出るのかは、各トレーナーごとにランダムになります。

 おそらく、タスク達成後のゲット画面に入るときに、トレーナーごとにノーマルか色違いかが抽選される仕組みになっていると思われるので、色違いヒンバスをゲットするためには、数をこなすしかないということになります。

 なお、色違いヒンバスを進化させると、色違いミロカロスになります。

 また、色違いヒンバスは、普通にシステムに追加されているだけなので、今回の特別なフィールドリサーチからの入手の他、今後もずっと、野生などからでも低確率でゲットできます。

 

色違いヒンバスは、通常は1つゲットすれば十分かもしれませんが、ガチ勢向けの情報もご紹介しておきます

ガチ勢はオスとメスをゲット

 色違いヒンバスは、通常は1つゲットすれば十分かもしれませんが、ガチ勢向けの情報もご紹介しておきます。

 それは、オスとメスの両方をゲットすべきというものです。

 ヒンバスは、ノーマルも色違いも、オスとメスはどちらも同じ姿をしています。

 ただ、これを進化させて、ミロカロスにすると、ノーマルも色違いも、オスとメスで異なる姿になります。

 オスのミロカロスは、上のように、頭部から出ている帯状のものが短くなっています。

オスとメスで異なる姿のポケモンなので、ガチ勢は、色違い個体も両方の性別をゲットしておきましょう

 一方、メスのミロカロスは、上のように、頭部から出ている帯状のものが長くなっています。

 よって、オスとメスで異なる姿のポケモンなので、ガチ勢は、色違い個体も両方の性別をゲットしておきましょう。

 

ポケモンGOのヒンバスのリサーチデイは、2019年1月20日(日)12時から15時までという、3時間しかプレイする時間がありません

簡単なタスクでゲット

 ポケモンGOのヒンバスのリサーチデイは、2019年1月20日(日)12時から15時までという、3時間しかプレイする時間がありません。

 このため、数をこなすには、自分が簡単だと思うタスクでゲットしていく方がいいでしょう。

 ヒンバス入手のためのタスクは、前述の通り、以下の4つです。

・ タマゴを1つ孵す
・ 相棒と歩いてアメを1つ入手する
・ ナイススローを15回投げる
・ グレートスローを10回投げる

 これら4つのタスクは、通常時で考えると、どれも難しいものではないと思われます。

 ただ、3時間限定となると、どれもわりと手間がかかります。

 ナイススロー、グレートスローは、連続でもなく、カーブでなくてもいいので、慎重にボールを投げていけばクリアできると思われます。

 また、ボールを投げるためには、ポケモンとの遭遇が不可欠なので、ポケモンの数が多そうな大きい公園などで、ゆっくり移動しつつプレイしてみるといいでしょう。

 そうすれば、「タマゴを孵す」と「相棒と歩いて」のタスクも自動的に達成されていくでしょう。

 

ポケモンGOの色違いヒンバス入手のリサーチデイの注意点もご紹介しておきます

注意点など

 ポケモンGOの色違いヒンバス入手のリサーチデイの注意点もご紹介しておきます。

 まず、2019年1月20日(日)は、12時まで、ポケストップを回してはいけないというものがあります。

 2019年1月20日(日)の12時までにポケストップを回すと、そのポケストップからは、イベント用のタスクは出現しないようになっています。

 このため、イベントで行く予定の場所のポケストップは、イベント開始時間以降にまわすようにしましょう。

 また、イベント用タスクは、1ポケストップ1回のみしか出現しません。

 つまり、数をこなすには、様々なポケストップを訪れる必要があります。

 よって、繁華街など、ポケストップの数が多い場所で、少しずつ移動しながらプレイするのが一番効率がいいかもしれません。

 

今回のポケモンGOの色違いヒンバス入手は、入手確率はそれほど低くはなっておらず、同じ確率ではないかもしれませんが、コミュニティ・デイ時の色違いのように、出現確率がアップする仕様

色違いヒンバスゲットの準備は…

 今回のポケモンGOの色違いヒンバス入手は、入手確率はそれほど低くはなっておらず、同じ確率ではないと思われますが、コミュニティ・デイ時の色違いのように、出現確率がアップする仕様が入っています。

 このため、元々の入手できる数が少ないので、コミュニティ・デイ時よりも厳しいとは思いますが、頑張れば1匹ぐらいは色違いヒンバスをゲット出来るはずです。

 そして、色違い入手をより確実にしたい場合は、いくつか事前に準備しておきましょう。

 まず、このイベント用のタスクを複数受けられるように、フィールドリサーチの未達成のタスクは、先に達成しておくか、どうしても残しておきたいもの以外は捨てておくといいでしょう。

 タスクのキープ枠は3つしかありませんが、同じタスクを2つ、3つと並べることが出来れば、その条件のクリア時に、同時に複数のタスクを達成させることが可能になり、効率が2倍、3倍になります。

 また、時間内に回り切れないほどポケストップが多数ある場所でプレイするなら、自分が苦手だと思うイベント用のタスクは、捨ててしまってもいいかもしれません。

 ちなみに、タマゴは2kmに孵化装置を使い、相棒は1kmのポケモンを選んでおくといいでしょう。

 1kmでアメがもらえるポケモンとしてお勧めなのは、コイキング、ホエルコ、チルットなので、どれかを相棒にしておきましょう。

 ちなみに、現在、通常時にケムッソ進化のタスクも存在するので、同じ1kmアメのケムッソを相棒にするのもお勧めです。

 どのポケモンも手持ちにいなければ、今だと、ジグザグマ、スバメ、ゴクリン、ゴニョニョあたりの1kmアメポケモンの湧きが多いと思われるので、探してみましょう。

 多くの人の手持ちにいそうなものでいえば、ポッポ、コラッタ、ピカチュウ、イトマル、ホーホー、オタチなども1kmアメポケモンです。

 その他、ナイススロー、グレートスロー用に数多くのポケモンをゲットしたり、いくつかのポケストップを回すことになるので、ポケモンボックスや道具の数もある程度整理しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする