「ポケウォーカー」は、本物?のモンスターボールとほぼ同じ大きさ

「ポケウォーカー」は、本物?のモンスターボールとほぼ同じ大きさ

 任天堂のサイトで、「社長が訊く『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』」のインタビュー記事が公開されています。
 インタビューは、任天堂の岩田社長と株式会社ポケモンの石原恒和社長、ゲームフリークのディレクター森本茂樹氏の3人で行われています。

 このインタビューの中で、「ポケモン ハートゴールド ソウルシルバー」に付属する「ポケウォーカー」についてのコメントがあります。

 コメントによると、「モンスターボール」は、ゲームでは細かな設定が元々なく、アニメの設定で「モンスターボールは、最初は小さくて、真ん中のボタンをピッと押したら、まん丸に大きくふくらんで、それを投げる」という設定がなされていたそうです。

 「ポケウォーカー」は、その設定のモンスターボールの大きくなる前とちょうど同じくらいのサイズ(直径48mm)になっているそうです。
 ただ、ポケウォーカーはモンスターボールのように球体ではなく、本物?のモンスターボールは直径約5センチの球体ということになっているとのことです。

 また、ポケモントレーナーは、大きくなる前の小さいモンスターボールを左右に3個ずつベルトにつけるのが正式なスタイルなので、ポケウォーカーを左右に3個ずつベルトに付けて歩けば、ポケモントレーナー気分が味わえるそうです。

 社長が訊く『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』

コメント

  1. ???!!1 より:

    へーーー