3DS「ポケモンX Y」、人気は「X」の方が上に。北米での2013年の販売本数は約317万本

3DS「ポケモンX Y」、人気は「X」の方が上に。北米での2013年の販売本数は約317万本

 3DS「ポケモンX Y」の北米での販売本数が明らかになっています。

 これによると、「ポケモンX Y」は、北米で2013年に、ポケモンXが約163万本、ポケモンYが約154万本、合計 約317万本売れたそうです。
 この数字は、パッケージ版とダウンロード版を含んだものになっています。

 ちなみに、日本での販売本数は、先日ご紹介したように、2013年末時点では400万本弱です。

 なお、今回の数字をみると、「ポケモンX Y」の販売本数は、Xの方がYよりも少し多く、人気は「X」の方が少しだけ上になっています。
 これは日本でも同じで、アスキーなどの個別にXとYの販売本数の推測値を出しているところでは、大体、毎週ポケモンXの方が売れていて、日本の方がXとYの人気の差が大きくなっています。

 情報元

コメント

  1. 匿名 より:

    やはり新タイプのフェアリータイプに惹かれる人が多いんでしょうね
    新タイプのフェアリーの伝説と聞いたらポケモンファンならX買う人が多いでしょう

  2. AKR より:

    銀を除いて、大体タイトルが前にくる方が売れるからね
    調べてみるとRSは微妙にSが売れているし、パケのポケモンの相性で選んだって人が結構いるのかな
    今回も相性でいうとXだし

  3. 名無し より:

    俺は単純にゼルネアスの見た目が好きだったのと、メガリザードンXがかっこ良かったっていうのが理由だったな

  4. ゆーみん より:

    パッケージは関係ないけど内容としてもXの方がしっくりくるよね

  5. 匿名 より:

    ゼルネアスもそうですが、メガリザードンXの存在も大きいでしょうね
    対戦で見るのはYばかりですが…

  6. 546 より:

    俺がXにした決めてはリザードンでもゼルネアスでも無くウデッポウ

  7. ピカ より:

    ゼルネアスは助けてくれる、力を貸してくれそうなポケモンだけど・・・。イベルタルは敵に貸すか暴れまくるかの方に見える。どっちも買ったけどね