ポケモン サン ムーン、セールスが1300万本を突破。XYより好調、20代、30代プレイヤー増える

ポケモン サン ムーン、セールスが1300万本を突破。XYより好調、20代、30代プレイヤー増える

 3DS「ポケモン サン ムーン」のセールスについて、任天堂の決算で少し情報が出ています。

 これによれば、サンムーンのセールスが1300万本を突破したそうです。

 

サンムーンのセールスが1300万本を突破したそうです

セールス1300万本を突破、XYより好調

 3DS「ポケモン サン ムーン」のセールスは、2016年の年末までの集計で全世界で1215万本となっています。

 また、直近の販売本数は、全世界で1300万本を突破しているとのことです。

 よって、2017年1月だけでも100万本近く売れているようです。

少し集計期間は異なりますが、「ポケモン サン ムーン」は、リメイクのポケモンORASはもちろん、完全新作のポケモンXYよりもかなり好調なセールス

 ちなみに、過去2作品との比較も行われています。

 これによれば、少し集計期間は異なりますが、「ポケモン サン ムーン」は、リメイクのポケモンORASはもちろん、完全新作のポケモンXYよりもかなり好調なセールスになっています。

 累計販売本数はまだXYの方が上ですが、サンムーンはスタートが非常に良いので、それほど遠くない時期に累計販売本数でもXYを追い抜くことが確実です。

 

20代、30代プレイヤーが増える

20代、30代プレイヤーが増える

 3DS「ポケモン サン ムーン」がよく売れている理由については、「ポケモンGO」のヒットが一番大きいと言われています。

 「ポケモンGO」が全世界で大ヒットし、その勢いのまま「ポケモン サン ムーン」が発売されたので、GOで久しぶりに、あるいは初めてポケモンに触れた人の何%かが、3DS「ポケモン サン ムーン」を買ったと言われています。

 そして、そういった事情もあるからか、「ポケモン サン ムーン」のユーザー層としては、過去作よりも、20代、30代が増えているそうです。

 ちなみに、「ポケモンGO」は、もはやおじさん、おばさんしかプレイしていないとも揶揄されていますが、リリース直後も大人ユーザーがほとんどでした。

 今回のユーザーの年齢層のデータは、大人ユーザーがほとんどだった「ポケモンGO」からの流れでサンムーンを購入した人も多かったので、サンムーンのプレイヤーも、20代、30代が過去作より増えているという自然な結果となっています。

 なお、サンムーンのプレイヤーのうち、「3DS用のポケモン」を初めてプレイした人は約17%だったというデータもあり、ポケモンGOによるユーザー増加効果は最大で17%ぐらいだったのではないかという推測も出来るかもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    ほとんどの人は引退しないから十年経ったら40代も増えまくるんだろうな

  2. 匿名 より:

    さすがにポケモンは永久の不滅

  3. 匿名 より:

    今作は開発期間が足りてないのが見え見えで先日図鑑だけ埋めて終えた…
    試練とかは良かったが、主人公が置物(もうちょい戦う理由が欲しいだけ)、ストーリーに絡むらしいのに乗り物になった表紙、メインストーリーにウルトラビーストがしっかりと絡んでこない(実質黒幕だが…所詮1匹)とストーリーがBW,XY並みに悲惨だった。これからはボタン連打しようかしら
    あとリージョンはあって困りはしないけど、開発追い付いてないのに無理に突っ込む事はなかった様な気はする。嫌いではないが。

  4. 匿名 より:

    残念だな、このストーリーを理解出来ない方がいるなんて

  5. 匿名 より:

    いろんな意見があるとは思うけど俺はサンムーンのストーリー楽しかったぞ
    環境も一新されて楽しいわ

  6. デクシオ より:

    本当に残念です、今までより冒険心くすぐられる旅は久しぶりですのでとっても楽しかったです!
    まぁ期間は仕方ないのではないかと。
    第3のバージョンはやはり出して欲しいな。
    さみしいから。