ポケモンGO、レイドバトルで事前に参加人数が確認可能に。ホットスポット発見も

ポケモンGO、レイドバトルで事前に参加人数が確認可能に。ホットスポット発見も

 ポケモンGOのアップデートが案内されています。

 今回は、レイドバトルで事前に参加人数が確認出来るアップデートが開始されます。

 

ポケモンGO、レイドバトルで事前に参加人数の確認

ポケモンGO、レイドバトルで事前に参加人数の確認

 ポケモンGOのアップデートは、アプリバージョン「0.73.1」(iOSはApp Store上では1.43.1と表示)に更新するものです。

 今回の更新では、次の内容が導入されます。

 

・ Pokemon GO Plus が、ジムからの道具入手に対応しました。ジムに近づくと、ポケストップと同じように振動とランプでお知らせ、本体のボタンを押すと道具が手に入ります。 また、初めて訪れたジムの場合はジムバッジも手に入れることができます。

・ レイドバトルに参加する前に、何人のトレーナーが入場して準備中かを確認できるようになりました。

・ レイドバトルのボスポケモンを捕まえるゲットチャンスで、最後に投げたプレミアボールから、ボスポケモンがかならず逃げ出してしまう不具合を修正しました。

・ しあわせタマゴを使用した状態でレイドバトルに勝利したとき、得られるXPが通常の2倍であることを表示できていなかったバグを修正しました。

・ その他バグの修正

 

現地で周りを見回しても誰もいなさそうなのに、ゲーム内で確認してみるとなぜか人が多いという、周辺のマンションなどからの参加が多い「ホットスポット」

 よって、バージョン0.73.1では、以前から要望の多かった、レイドバトルで事前に何人参加しているのかが分かる機能が導入されるということになります。

 ポケモンGOでは、これまで、レイドパスを使わなければ何人のプレイヤーがバトルに参加を希望しているのか分かりませんでしたが、今回からパスなしで確認出来るようになるため、無料券や課金が無駄になりにくくなるでしょう。

 ちなみに、これまでは、参加人数が多いと思ってパスを使ってみたものの、実際にゲーム内で確認してみると全然人がいなかったという場合は、パスを無駄にしないために、誰かが来るのをしばらく待つというパターンもあったかと思われます。

 ただ、今後は、現地ですぐに参加人数を確認出来るので、人が足りなさそうならば、諦めてすぐ他の場所に行くというパターンも増え、場所によっては人が集まりにくくなるパターンも出て来るかもしれません。

 また、逆に、現地で周りを見回しても誰もいなさそうなのに、ゲーム内で確認してみるとなぜか人が多いという、周辺のマンションなどからの参加が多い「ホットスポット」なども発見できるかと思われます。

 ポケモンGOのバージョン0.73.1では、他には、GO Plusがジムに対応したという部分も大きな変更です。

 GO Plusについては、接続がすぐに切れたり、そもそも多くのAndroid機種で動作しなかったりと、根本的な問題も多いので、この問題も何とかして欲しいところだと思われます。

 ポケモンGOの今回のアップデートは、いつも通り、実際に各プレイヤーの元に更新データが届くのは、今日から最大で5日程度の時間差があります。