ポケモンGO、ルビサファポケモンが間もなく追加。天候の要素も導入

ポケモンGO、ルビサファポケモンが間もなく追加。天候の要素も導入

 ポケモンGOで、ルビサファポケモンの追加が間もなく実施されます。

 追加は、今週(2017年12月第2週)末から行われます。

 

ポケモンGO、ルビサファポケモンが間もなく追加

ポケモンGO、ルビサファポケモンが間もなく追加

 ポケモンGOでは、現在、金銀のポケモンまで登場しています。

 第3世代、つまり、ルビー・サファイアのポケモンは、一部導入されていますが、まだ本格導入されていません。

 今回、この導入日が発表されました。

2017年12月9日前後から、ポケモンGO世界における新ポケモンが登場してくることになりま

 導入は、今週末から開始されます。

 よって、2017年12月9日前後から、ポケモンGO世界における「新ポケモン」が登場してくることになります。

ルビサファポケモンの追加については、上のようなプロモーション映像も公開されています

 ちなみに、今回導入されるのは、ホウエン図鑑の全ポケモンではなく「50匹以上」と発表されています。

 残りのポケモンは、今後数週間かけて、いくつか追加されていく予定だそうです。

 ルビサファポケモンの追加については、上のようなプロモーション映像も公開されています。

 

ポケモンGOでは、新要素として「天候」(天気)が導入されます

天候の要素が導入

 ポケモンGOでは、新要素として「天候」(天気)が導入されます。

天候の要素は、トレーナーの冒険している場所の天気と連動しており、実際の天気がゲーム画面に反映

 天候の要素は、トレーナーの冒険している場所の天気と連動しており、実際の天気がゲーム画面に反映されることになります。

 天気が雨ならば、雨が降っている表示に、雪ならば雪が降るなど、マップやポケモンゲット画面の表示が変わることになります。

天気が雨ならば、雨が降っている表示に、雪ならば雪が降るなど、マップやポケモンゲット画面の表示

 また、発見できるポケモンにも変化が生じます。

雨ならばみずタイプ、でんきタイプ、むしタイプのポケモンが見つかりやすくなるなど、天候が出現率に影響

 雨ならばみずタイプ、でんきタイプ、むしタイプのポケモンが見つかりやすくなるなど、天候が出現率に影響するようになります。

ポケモンGOの天候は、「わざ」の効果にも影響が出るようになります

 さらに、ポケモンGOの天候は、「わざ」の効果にも影響が出るようになります。

 例えば、ほのおタイプのリザードンが覚えているわざ「ほのおのうず」は、晴天で太陽が照らしつけているような日には、特に効果が高くなるとのことです。

 

ポケモンGO、ホウオウの登場が延長

ポケモンGO、ホウオウの登場が延長

 ポケモンGOでは、現在、ホウオウのレイドバトルが実施中です。

 ホウオウは、各地のジムのレベル5のレイドバトルとして登場しています。

 実施期間は2017年12月12日(火)まででしたが、今回、期間の延長が発表されています。

 延長後の終了予定日は、2017年12月14日(木)までです。

 延長理由は、先週末のホウオウレイドに不具合があり、プレイ出来ない人が多かったためと説明されています。

 ちなみに、ポケモンGOのレイドバトルは、少し前に、アプリの読み込み仕様を変更したことで、低速の通信では、エラーが頻発して実質プレイ出来ない改悪も行われています。

 今回の延長は、これとは別のバグを理由に実施されているので、通信制限などでレイドがプレイ出来ない場合は、先日ご紹介したこちらの記事を参考にしておいてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    限定ポケモンの為、雪の中ポケモンGOですか
    遭難しなきゃいいですが

  2. 匿名 より:

    ポワルンいたら天候変えられる要素ほしいね?