ポケモンGO、岩手、宮城、福島、熊本の被災地で観光客を誘致の取り組みを実施予定

ポケモンGO、岩手、宮城、福島、熊本の被災地で観光客を誘致の取り組みを実施予定

 ポケモンGOの観光客を誘致する取り組みが発表されています。

 震災の被災地となっている、岩手、宮城、福島、熊本の4県は、ポケモンGOの開発を担当しているナイアンティックと共同で記者会見を行い、ポケモンGOを利用した観光集客を実施予定であることを明らかにしています。

 現在、検討されているのは、この4県にポケストップやジムを新たに追加すること、ポケモンGOのプレイに活用できる周遊マップの作成、ポケモンGO関連のイベントの開催などです。

 県知事や、ナイアンティックによれば、ポケモンGOとの連携で、被災地に来て、見て、感じることや、被災地の人とのコミュニケーションが促されることに期待したいそうです。

 ただ、これらの取り組みを具体的にいつどのように実施するのかはこれから協議するとのことです。

 ちなみに、一番効果がバツグンなレアなポケモンの出現を行うことも検討されていますが、これはゲームバランスに大きな影響が出るので、バランスを考慮し、今後実現できるかどうかを考えていく予定になっています。

 情報元

コメント

  1. 匿名 より:

    調整は難しそうだけど、しっかり詰めていけば良い結果が望めそうだな

  2. 匿名 より:

    ミュウツーや伝説のイベントとかやった日には人がすごい事になりますね
    取り合えずまずはミニリュウやレアポケの巣だらけにしてみてはと

  3. 匿名 より:

    九州はカイオーガグラードン置けますね(ただグラードンとカイオーガは津波と地震に関連があるポケモンだからそれを不謹慎扱いしないならの話)
    東北は…なんで東北モデルの地方が本編にないかな…

  4. 通りすがりの774 より:

    レアポケ配置すれば海外からの観光客激増ですごいだろうなぁ。ぜひ前向きに検討して欲しい!