ポケモンGO、エンテイの対策と最大CP。色カゲボウズとジュペッタも追加

ポケモンGO、エンテイの対策と最大CP。色カゲボウズとジュペッタも追加

 ポケモンGOで、伝説のポケモン追加が行われています。

 今回は、事前の予告通り、今日からエンテイが登場しています。

 

ポケモンGO、エンテイ登場

ポケモンGO、エンテイ登場

 ポケモンGOでは、今日からエンテイをゲットすることが可能です。

 エンテイは、レイドバトルのボスとして登場します。

 これまで、スイクンとライコウが登場していましたが、今回が、いわゆる3犬のラストになります。

 登場期間は、2017年11月30日(木)までです。

 招待状などは不要で、各地のジムに湧く可能性があるので、レベル5の黒いタマゴが発生していたら、割れるときにジムに行ってみるといいでしょう。

 エンテイは1人で倒すことは無理で、強化済みの対策ポケモン持ちが4人ぐらいいれば倒せるかもしれません。

 ただ、通常は8人前後は必要なので、大きな公園や繁華街など、ポケモンGOプレイヤーが多そうなところでチャレンジするといいでしょう。

 

エンテイの対策とCP

エンテイの対策とCP

 ポケモンGOに登場しているエンテイは、ほのおタイプです。

 対策としては、ほのおタイプの弱点となる、みず、じめん、いわタイプのポケモンを使うということになります。

 有効なのが3タイプもあるので、手持ちにこのタイプのポケモンは多いと思われますが、シャワーズ、ギャラドス、オーダイル、バンギラス、ゴローニャ、サイドンなどが特に対策として有効です。

 バンギラスなどは、普通のジム戦のときにも活躍するので、最大まで強化しておくといいでしょう。

 今回登場しているエンテイのCPとしては、ポケモンゲット画面で1930が最大の個体となります。

 よって、エンテイの100%個体を目指すならゲット画面でCP1930が出るまで粘りましょう。

 ただ、CP1930は滅多に出ないので、通常は1905以上をお勧めしておきます。

 1905以上あれば、個体値90%以上である確率が高く、普通に十分な高個体と言えるものです。

 それも出にくいならば、妥協して、個体値85%ぐらいのCP1895以上を狙いましょう。

 

エンテイの100%個体を目指すならゲット画面でCP1930が出るまで粘りましょう

色カゲボウズとジュペッタも追加

 ポケモンGOについては、本日のエンテイ追加の他、色個体の追加も実施されています。

 今回は、色違いのカゲボウズが追加されています。

 カゲボウズは、通常は青系の色ですが、色違いバージョンは緑系の色をしています。

 現在、ハロウィーンのイベント中なので、湧きが良い今のうちにゲットを目指すといいと思います。

 ちなみに、おそらくハロウィーンが終わっても色違いの仕様は残ると思われます。

色カゲボウズとジュペッタも追加

 色カゲボウズについては、進化させて色違いのジュペッタにすることも可能です。

 ジュペッタの色違いも普通に野生湧きしているかもしれませんが、カゲボウズの方が圧倒的に湧いている数は多いので、色ジュペッタが欲しい場合も、カゲボウズを捕獲して探すといいでしょう。