ポケモンGO、アカウントのBANと、利用停止の解除の申請についての説明が公開される

ポケモンGO、アカウントのBANと、利用停止の解除の申請についての説明が公開される

 ポケモンGOのアカウントのBANと、利用停止の解除の申請についての説明が公開されました。

 ポケモンGOについては、少し前に「不正行為が確認出来た」とするアカウントに対して利用停止の措置が行われていますが、これについてもう少し詳しい内容が明らかにされています。

 アカウントのBANは、「外部のマップツール」を使用していた一部の人に対しても行われていますが、これについては、ユーザーの意図に関わらず、アプリ開発者が情報を収集するツールとして使われている可能性があり、また、「これらのツールはサーバーに DDoS 攻撃と類似する負荷をかけています」という理由で利用停止の措置が行われたとしています。

 ただ、「システムの変更により、これらのアカウントの利用停止を解除できるようになりました」とされていて、普通に外部のマップツールを利用していただけでBANされた場合は、アカウントのBANを解除してもらえる「可能性」があることも明らかにされています。

 解除の申請は、こちらのフォームから行います。

普通に外部のマップツールを利用していただけでBANされた場合は、アカウントのBANを解除してもらえる「可能性」があることも明らかにされています

 ちなみに、外部のマップツールの利用者ではなく製作者側の人や、GPSの偽装ツールなどで、遠隔からポケモンを捕まえたり、ジムを攻略したり、ポケストップから道具を入手したりするようなことを行いBANされた利用者のアカウント停止措置の解除は行わないことになっています。

 その他、個体値の判定ツールでBANされたという話もありますが、こちらの利用停止の解除の対応がどうなっているのかは不明です。

 なお、個体値の判定は、手動で数値を入力する普通の計算機的なものなら問題はないので、自動判定を行うログインを必要とするツールは使わないようにしておくといいでしょう。

  情報元