ポケモン映画のシリーズ累計の興収が700億円を突破、累計の動員数は6611万人を突破

ポケモン映画のシリーズ累計の興収が700億円を突破、累計の動員数は6611万人を突破

 ポケモン映画のシリーズ累計の興収が700億円を突破したことのプレスリリースが出されています。

 これによると、2013年8月6日(火)の時点で、ポケモン映画(ピカチュウ・ザ・ムービー)シリーズの16作品の累計興行収入が700億円を突破したそうです。
 内訳は、過去15作品の累計が680.3億円で、最新作が8月6日時点で19.7億円となっており、シリーズの累計動員数は約6611万人を突破しています。

ポケモン映画(ピカチュウ・ザ・ムービー)シリーズの16作品の累計興行収入が700億円を突破

 また、現在公開中の最新作「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」は、公開25日間で190万人を動員、興収19.7億円を突破し、最終興収は前作に引き続き30億円以上を見込んでいることも明らかにされています。 

 そして、ポケモン映画の常連の2人からのコメントも公開されています。

<山寺宏一さんコメント (※シリーズ16作品すべて出演)>
 またまたスゴい記録を打ち立てたのですね!
 おめでとうございます!
 それだけたくさんの方々が劇場に足を運んで下さったという事で、毎回出演させて頂いている僕も本当に嬉しく思います。
 ポケモンに関わるたくさんの方々の、たゆまぬ努力と熱い思いに拍手!

<中川翔子さんコメント (※シリーズ7作品出演)>
 性別・世代・次元を越えて、たくさんの子どもたちと大人たちに、いつも新しい夢と笑顔を与えてくれるポケモン映画!
 この偉大なる数字に感動しています。
 ポケモン映画は、みんなの心を繋いでくれる、素晴らしい日本の文化であると思います。
 ポケモン映画がある今の地球に生まれて、そして声優として関われて、本当に嬉しく思います。
 これからも過去と未来を繋ぐ素晴らしいポケモン映画が、永遠に続いていくことを楽しみにしています!
 私も、末代まで、我が子孫たちと、ポケモン映画をずっと楽しんでいきたいです。

過去15作品の累計が680.3億円で、最新作が8月6日時点で19.7億円となっており、シリーズの累計動員数は約6611万人を突破

 ちなみに、歴代のポケモン映画の興行収入は、上のようになっているようです。

「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」は、公開25日間で190万人を動員、興収19.7億円を突破し、最終興収は前作に引き続き30億円以上

 なお、ポケモン映画の公式サイトでは、700億円突破を記念して、「てのひらピカチュウ」が700人に当たるキャンペーンも実施されています。

 応募はこちらへ。

 情報元

コメント

  1. 匿名 より:

    ラティ結構評判いいのにかなり低いんだな
    そして幻配信の始まるジラーチから露骨に増えると(名作ではあるんだけれどね)
    てかやっぱ山ちゃんすげーわ
    全作品出てるんだな
    自分はデオキシス以降見に行ってないけど、やっぱまだまだ人気あるんだね

  2. パン より:

    今年
    なんやかんやでヒットしたじゃん