ポケモン映画「破壊の繭とディアンシー」、興収30億円割れで、右肩下がりが止まらない

ポケモン映画「破壊の繭とディアンシー」、興収30億円割れで、右肩下がりが止まらない

 2014年の日本における邦画興行収入ベスト10が明らかになっています。

 これによると、次のようになっています。

 

1位:「永遠の0」(東宝)87.6億円
2位:「STAND BY ME ドラえもん」(東宝)83.8億円
3位:「るろうに剣心 京都大火編」(ワーナー)52.1億円
4位:「テルマエ・ロマエII」(東宝)44.2億円
5位:「るろうに剣心 伝説の最期編」(ワーナー)43.3億円
6位:「ルパン三世 VS 名探偵コナン THE MOVIE」(東宝)42.6億円
7位:「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」(東宝)41.1億円
8位:「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」(東宝)35.8億円
9位:「思い出のマーニー」(東宝)35.3億円
10位:「ポケモン・ザ・ムービーXY 『破壊の繭とディアンシー』」他(東宝)29.1億円

 

 よって、ポケモン映画「破壊の繭とディアンシー」は、興収30億円の大台を割る、良くない結果になっています。

 

 2011年 「ビクティニと黒き英雄ゼクロム / 白き英雄レシラム」 43.3億円
 2012年 「キュレム VS 聖剣士ケルディオ」 36.1億円
 2013年 「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」 31.7億円

 

 ちなみに、最近はこのようになっており、ポケモン映画の興収の右肩下がりが止まらない状況です。

 ゲームの世代末期になるにつれ、興収は下がっていき、新世代になると上がるというようなパターンだ、とも言われていましたが、今回はXY世代の第1弾でも、興収が回復せず、かなり深刻な状態です。

 ポケモン映画の興収が悪いのは、「妖怪ウォッチ」のせいだとも言われていたりもしますが、「妖怪ウォッチ」が存在しなかった2012年から40億円を割って、興収が良くないと言われており、また、2014年でも、「名探偵コナン」や「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」は、同じキッズ向けの作品で41.1億円、35.8億円の興収があるので、やはり、「妖怪ウォッチ」の存在よりも、ポケモンに存在する問題点の方が大きいのだと思われます。

 問題点は人によって思うところは違う、またいくつもあるのだと思われますが、一番大きいのは、最近よく言われるポケモンの子供へのアピールや配慮不足で、BW以降、大人を狙いに行ったら、ぼくらのゲームじゃないと子供が逃げた結果がこれだとも言われるので、その点はポケモン映画の興収などのためにも修正すべきなのかもしれません。

 情報元

 破壊の繭とディアンシー DVD Amazon  楽天
 破壊の繭とディアンシー ブルーレイ Amazon  楽天

 

 

コメント

  1. 匿名 より:

    シリーズ新しくなったし今年はいけるかなーと思ったんだけどなあ

  2. 匿名 より:

    伝ポケ皆が喋るようになってから行かなくなってしまったな映画…

  3. 匿名 より:

    別にBWで大人狙いにいったせいだとかそれは絶対に違うと思いますよ
    むしろそれはゲームのよさでそれをアニメでやらないから問題なのです
    アニポケを観てるとどうもファンのツボをつかないというか外してるんですよね
    Nがラスボスとかサトシがゼクロムをゲットするとかそういう事をしないからダメなんです
    それにアニメのBWで途中震災でストーリーがダメになってそこから離れていった気がします
    更に言えばあの頃はサトシの初期化等いくつも問題がありました
    もう一度アニポケを盛り上げる為にはもっとゲームを意識しストーリーを魅力あるものにすべきですね
    アニポケはファンが何を求めているかあまり分かっていないように思えます
    ライバルがあの忍者とか全然面白くないです。シンジようなカリスマなライバルが良いです

  4. 匿名 より:

    脚本家を変えたりしてるし
    来年はよくなるように願うよ…
    再び子どもたちの話題の中心になりますように…

  5. 匿名 より:

    ミュウツーの映画記録も妖怪に抜かれそうだし
    そろそろ本気出してもいいんだよポケモンさん
    まだ出してないんだよね?ね?

  6. 匿名 より:

    変に大人向けになったせいで子供がわからないのはあると思う
    観覧車イベントみたいなのは大人向けギャグとしていいかもどけど、根元的な部分はわかりやすく悪い奴らと戦うくらいに抑えていいと思う
    私もxyはなんだこりゃって思った

  7. 匿名 より:

    BW好きなんだけどな…よく悪者にされてしまうのが悲しい…

  8. 匿名 より:

    ポケモンがハズレってどゆことや\(´-`)/

  9. 匿名 より:

    ゲームが微妙微妙言われ出してるからなあ
    糞ゲーではないけど微妙
    ORASも糞ではないけど微妙
    なぜなのか

  10. 匿名 より:

    何事も中途半端は成功しないんだよ
    大人に振り切るか子供をメインにするかどっちかだ
    今は中途半端だからどっちからもちょっと敬遠される
    ちゅーことで、映画もアニメもゲームも大人向け子供向けの2シリーズに分けるべき

  11. 匿名 より:

    来年はついにカイオーガと本物のグラードン出るみたいだし見に行くかな

  12. 匿名 より:

    ゲームが微妙だなんて声はあまり聞きませんけどね
    むしろ高評価が多いですよ。ORASは新しい要素と昔の良さがあって良いと思いました
    映画のせいでそう思われるのは嫌ですね

  13. 匿名 より:

    どうすれば子供たちが帰ってくるのだろうか…

  14. 匿名 より:

    ゲームに関していえば子供と大人向けの要素がバランスよく入ってて全年齢向けのゲームで良いと思います。ストーリーもポケモン的には問題ない
    XYの唯一の失敗は新規の準伝がなかった事や新しいポケモンが少なかった事
    ただそれはメガシンカの新しいポケモンがいるから良いと考える人とそうじゃない人がいます
    そうじゃない人がいるので次回作はそこを改善し勿論新しいメガシンカのポケモンも入れるべきですね
    それに準伝やポケモンの数次第でサブROMを買う人もいるでしょう

  15. マリモ より:

    確かに最近のポケモンは子供向けではない気がする。ストーリー上にこんな言葉子供が分かるの?と思うような表現がいくつもあったり赤緑なんかは本当に単純な表現でだったから分かり易かったと思う。

  16. 匿名 より:

    DPは安定して良かったね。自分が特にDPシリーズが好きなだけだけど。
    やはり、日ごろのアニメではシンジ的なライバルは必要だと思うし、サトシの隣にはタケシまたはデントみたいな
    サトシにアドバイス出来るキャラがいてもいいかなって。DPシリーズはストーリー性があって、また映画は3部作ということも
    あってかなり印象に残っている!はっきり言って、もっとサトシが活躍するところ見たい!!
    どのシリーズも好きなのだが、BWの中盤から人気が落ちてきているのは感じてる。。。あと初期~DPまでのアニメBGM(たとえばバトルシーンなど)を取り入れても良いではないだろうか。ディアンシーの映画でシンオウのバトルBGMが流れたときは嬉しかったので。
    来年の映画30億いけることを願います!

  17. 匿名 より:

    まあでもベスト10入ってるっていいことだと思うよ

  18. 匿名 より:

    あくまで自分の考えですが、1、ゲームは好きだがアニメは好きではない。2、ポケモンの映画館で限定配信があるからしょうがなく行っている。3、いい加減同じ主人公でマンネリを感じている。4、映画自体もそこまで面白か?という点。
    妖怪ウオッチの影響は自分もあると思いますが、大人のファンも多いので大人向けや子供向けという線引きはちょっと違うと思います。ポケモン映画の内容自体は子供向けだと思いますし。

  19. 匿名 より:

    そろそろジラーチの時の前売り券導入みたいな根本的なテコ入れしそう

  20. 匿名 より:

    挙げられた理由は確かにあると思うんだけど、 ただ人気が落ち着きつつあるってだけじゃないかなあ

    10何年もやってりゃやっぱ自然と下がってくるんじゃないかな

  21. 匿名 より:

    あえて辛辣に言うなら、ストーリーが年々陳腐になってると個人的には思うな。
    ゼクレシは何で2種類に分ける必要があったのか微妙。
    キュレムとケルディオ達の関連性が唐突過ぎ、ゼクレシと絡んでこそのキュレムじゃん。
    ゲノは5体もいた所為で希少な存在って感じがボヤけちゃってるんだよな。

    他の人も言ってるけどアニポケとは言え元のゲームの設定を踏み倒し過ぎてるんだよ。
    後、やはりド素人を声優に使って棒読み無双だと白けるよね
    起用するにしても、もう少し演技力のある人をチョイスするべき。

  22. 匿名 より:

    コナンとかいまだに40億こえているのに、ポケモン映画は人気がなくなったのかな…

  23. 匿名 より:

    こういった話題は性質上、興収にこじつけて自分の望む作品像を押し付け合うやり取りにしかならんね
    まあここも例によってそうなってる
    「ポケモン映画の興収がなぜ下がり続けているか」は考え得る理由が複合的かつ多岐に渡るし、
    こういう場所で挙げられる程度の懸念は制作側も全て議論し尽くしてると思う
    上のランキング見ても、当然ながら「映画としての出来≒興収」だしね

    「1ファンには本当の所は分からん」という前提で言わせて頂くと、
    そもそもゲーム原作の映画が興収トップ10に入るほどヒットし続けてきた状況が奇跡に近いんだと思う
    ましてやゲームの中でもポケモンはゲームシステムの面白さに比重が置かれてるし
    初代の時点で、決して映像作品と相性が良かったとは思えないんだよな
    映像作品との相性で言えば妖怪ウォッチの方が良いと思うけど(システムが売りじゃないから、)それ以前に妖怪ウォッチとの比較には意味を感じないが

    自分の願望としては、どうあがいても時代は変わるし、興収とか気にし過ぎずゲームもアニメも好きに作って欲しいと思うんだけど
    もし大勢が90年代当時のようなポケモンブームを待ってるんだとしたら、それは予想しないタイミングで突然来るもんなんじゃないの

  24. 匿名 より:

    意外と真面目な意見多くてワロタ。
    いや、ゲノセクト映画はミュウツー効果で底上げされてた分もあるだろうし、本来なら30億切っていても回復はしてるはずなんでしょうよ。
    無印時代から(シリーズ頭を除けば)年々落ち続けているわけですから、これから上がるというのも無理な話でしょう。
    ゲームの方も新世代の掴みが弱いみたいですし。

    監督が変わっても、それを知る人なんてほとんどいませんから、
    宣伝をもっとしっかりやらないと現状維持も難しいのではないか、と。
    内容はネット上で賛否両論あるレベルまで改善された訳ですし、頑張ってもらいたいですね。

  25. ベアキング より:

    ディアンシーの映画はいまいちだ。ボリュームが足りないあの程度で大ヒットなど片腹痛い。

  26. 匿名 より:

    内容面でゲームは大人を狙いに行ってるけど、アニメ・映画は狙いに行っていない(多少のファンサービスは極稀に見られますが)…そこに問題があるんじゃないかと。
    ゲームは大人を狙いに行ってもBW以前と変わらず年間のゲーム販売数でトップクラスを維持していますし。
    あと、ここ数年の映画の予告編がどれも構成が似たような感じなのも問題の一つだと思います。今年の映画なんて内容はここ数年で一番良かったのに、予告編がいつものような感じで集客力が弱そうな印象でしたね…素人目線ですが。
    長編の脚本が15年ぶりに変わる来年こそは右肩下がりに歯止めがかかることを願いたいです。

  27. 匿名 より:

    確かに問題点は沢山あると思う。しかもそれが人それぞれ違っていて難しい。
    映画の内容、短編・長編の兼ね合い、子供向け大人向け、ゲームとか………
    そんな自分もここ2年映画館に足を運んでない。
    今年の映画は新シリーズということで期待してたけど、予告見たら ゼルネアスが喋る・ピカチュウ石化・短編あり で結局観に行く価値がないと判断して行かなかった。また今年もこのパターンかと思った。
    伝説のポケモンが喋ると、伝説のポケモンらしい厳かな感じというかどこか近寄りがたいとか、めったに出会えない存在っていう希少性が無くなると思う。
    あとラストにポケモンが死にそうになって感動を煽ってくるのはマンネリ過ぎて冷める。
    それに加えて短編もあるとなったら長編の内容薄くなるのは目に見えていた。
    自分が思ったのはこのくらいかな。
    興行収入が下がってきてるのはいろんな要因があると思うけど、単純に映画自体がつまらないものになってきてるってのもあるんじゃないかな。

  28. 匿名 より:

    配布ポケモンというドーピングも効かなくなってきましたか

  29. 匿名 より:

    自分も複合的な要因であって妖怪ウォッチにすべてを転嫁するのはよくないかと。

    世間のポケモンへの関心はゲームへの比重が高くて、アニポケ、さらには映画まで見ようって人は実は少ないんだよね。
    やっぱりゲームとアニメの展開があまりにも違うのと、そのアニメ・映画がマンネリに感じられるのが原因じゃないかな。
    もちろん毎週見てればシリーズごとに微妙に違ってそれぞれの良さはあるんだけど、新規を獲得できる訴求力には欠けると思う。
    コナンなんかは原作だけ読んでて普段のアニメは見てないけど映画は見に行く、って人も多いんじゃないかと。ドラえもんも然り。
    でも両作品ともそれでも十分見られる作りになってるんだよね。
    ポケモン映画は、マンガ、アニメ、ゲームとメディアで違うストーリー展開をしてる中で、アニメに合わせて内容を作ってるからアニポケ層の一部と配信目当ての人の興味しか引けてないんじゃないかな。
    ゲームの売り上げに映画の成績が伴わないのはその辺もあると思う。

  30. 匿名 より:

    はずれでポケモントレッタとは良心的だな
    うちの近所だとはずれがチャージマン研のメンコだった
    記事の流れと関係なくてすみませんw

  31. 匿名 より:

    上の人の書いてるのが単なる自分の願望でしょ?てか、ここに書いてるのはだいたいが願望。そいつらの言うとおりにしてうまくいくはずがないし、ポケモンの場合は20年近く売れ続けてるからすごいけどね。大人でも子供でもできるゲーム。似たような内容って、20年近くも続くアニメなら、それが多くなるのは当たり前。

    そもそも、ここ二年見てないとか知らないから。てか、アニメじゃなくて今の現実社会に目を向けろよ。今ここで必死に叫んだって、結局日本がダメにならば意味ないから。

  32. 名無し より:

    喋ってるっていうかテレパシーだけどね。まあ喋ってるけど

  33. 匿名 より:

    個人的には超克の時空へからは事前に幻のポケモンを貰えた黒き英雄と白き英雄、神速のゲノセクト以外は映画館に見に行っていますし、幻影の覇者ゾロアークや破壊の繭とディアンシーはかなり面白かったと思いますし、他の作品もそれほど悪くなかったと思います。

    歴代の興行収入を見ると、毎回ポケモンの世代が変わるごとに1度落ちて次の作品で回復するというパターンなのに、黒き英雄と白き英雄の時は少し上がってその後で徐々に落ちてるんですね。

    黒き英雄と白き英雄の時は2本に分けた事に対する批判も多かったですし、BW自体も本体が2つないと旧作からポケモンを送れなかったり、他のユーザーと遊ぶ機会が無いとハイリンクやブラックシティやホワイトフォレストがほぼ無意味だったり、バルチャイとバルジーナを使ってくるトレーナーが居なかったり、ブラックシティとホワイトフォレストの格差ホワイトが不遇だったり、ランダムマッチや大会での切断の多さ等の問題点も多かったですし、離れていったユーザーも多かったみたいですね。
    わたしも上記の問題以外にもとあるポケモンサイトでのユーザーのマナーの悪さをみてポケモンを止めようと思ったのですが、BW2の評判の良さを聞いて踏みとどまりました。

    とはいえ、いくら新作の評判が良くても一度離れていったユーザーはなかなか戻ってこないのではないかと思います。
    しばらく映画もゲームも良い作品を出し続けていれば自然とまたユーザーも増えていくでしょうが、ORASも良作では有るのですが、バトルフロンティア(というかエメラルド要素全般)がなかった事を見るとまだまだ厳しいかもしれませんね。

  34. zなんとか より:

    妖怪ウォッチの人気が出る前から興行収入は落ち込んでいましたし、関係無いと思います
    個人的に今年の映画は予告、ポスター、キャッチコピーが魅力的でなかったのが敗因でしょう
    映画本編が面白かっただけもったいないです
    ただ幻DLC有料販売>映画と株ポケが判断した場合、映画が打ち切りになる可能性があることが心配です
    最近は任天堂自体DLCを自重しなくなっていますし、海外も対象にできる考えると明らかにDLCの方が利益が出せる状況です
    アニメ映画で29億は相当な興行収入であり、現時点ではその心配はありませんが仮に20億か歴代最低興行収入である25億を割ったなら打ち切りの危険性は見えてきます

  35. 名無しのトレーナー より:

    メインコンテンツのゲームが売れていて映画の興収が悪いならコンテンツ自体ではなく映画に問題があるのかな
    幻のポケモンをおまけにつけての二本立てもマンネリかもね

    私も妖怪ウォッチとの比較はあまり意味がないように思う
    ポケモンが今後も愛され続けるにはゲーム自体に加え映画アニメ漫画などで門戸を広げ新しいファンを獲得するしかない
    それがうまくいっていないのを他のコンテンツのせいにするのは違うかなと

    予告で判断したのは分かるけど内容について否定するなら観てから意見を言って欲しいな

  36. 匿名 より:

    変に大人向け(笑)狙わずに、今まで以上に子供層にアピールしなきゃ。どんどん妖怪に子供取られてく一方だぞ

  37. 匿名 より:

    メガシンカ追加でゲームの掴みは良かったと思います
    ただその要素がアニメでは皆無というのが問題かもしれません
    最初からメガシンカ枠がいても良かったかなと。それはあくまで私の考えですが
    上で言われてるように本当の問題点がなんなのか考えても人それぞれで分かりませんね
    分からないからこそ制作側は色々試して足掻いてほしい。色々挑戦してほしいですね
    そうすれば映画もきっとまた右肩上がりになると信じてます
    挑戦が成功に近付くのであってマンネリは失敗ですね

  38. 匿名 より:

    大人向け子供向けとかじゃなくてただただ内容が稚拙だから

    エンタメに特化してるわけでもシナリオが優れてるわけでもなく
    本文である映像が劇場配布の幻ポケのおまけ程度の存在でしかない

  39. 匿名 より:

    まだベスト10には入ってるっていうけど逆に言うとなんとかベスト10に入ってるだからな。。。
    子供向けにしても妖怪ウォッチが人気を取るだろうし大人向けだともはや大人が興味持たないからな。。。
    コメントにもあるけどDP時代が一番良かった気がする

  40. zなんとか より:

    来年の映画はスタッフの本気度が伝わってくるので心配はなさそうです
    ポスターデザインは本編側は光を上手く利用した渋く魅力的なデザインで、短編側はピカチュウたちが暮ベースにさりげなく乗っている様子など、作り込みを感じます
    なりより15年近く変わらなかった脚本家が交代ということで、スタッフが焦りを感じていつも以上に本気になっていることがわかります
    来年は演出面でもシナリオ面でもかなりレベルアップを期待できそうです

  41. 匿名 より:

    こんなに批判してくれる人達がいるってやっぱポケモンまたまだ捨てたもんじゃないよ
    ここでがんばってなんとかしないとそれこそ本当の終わりだな

  42. オラシオンのテーマに魅かれたトレーナー より:

    普段の記事のコメント数は0~8?くらいなのに、この記事に関しては40近くてすごいなと(笑)
    Youtubeのある動画のコメント欄にも書いたのだが、妖怪ウォッチは妖怪ウォッチ、ポケモンはポケモン。

    今まで平均40億(17作品中11作品が40億超、4作品が30億超)だったポケモンがすごかっただけで30億切ったからって…
    29億でここまで批判を受けるってのも嬉しいことなのかもしれないですね。CMで判断して映画に見に行かなかった方もいるようですが、CMで良い印象を与えるということも映画作りの1部分なのかな…よく予告詐欺って言われてるけど。

    あといっつも不思議に思うんだけど、こういう話の時にアニメに流れるBGMの話がほとんど出てこないのって…やっぱあんまBGMとか気にしてない感じなんですかね…自分が気にしすぎてるだけかもしれませんね、、、すみません。

  43. KABU より:

    ポケモン不人気は「アニメにギャグがない」。これに尽きる。
    ソースはうちの子供たち。

  44. 匿名 より:

    怪獣映画量産したDPが良かったとは言えんだろ……

  45. 名無し より:

    まあディアンシーはあんま面白くなかったから仕方ないよな。BWと面白さ変わんなかったし

  46. 匿名 より:

    ゲームで子供に難しい表現が、ってコメントあったけど、
    文字設定を「漢字」にすると表現も大人向けに、「ひらがな」にすると子供向けになるはずだが。
    例:漢字「談笑」→ひらがな「おしゃべり」

  47. 匿名 より:

    メガシンカは上手く使えばいい商材になるよな
    TVのチャンピオンのサーナイトのメガシンカのシーンは凄く格好良かった
    映画のメガディアンシーがシールド張るだけってのは物足りなく感じた
    単純に今回の映画の出来だけが今回の興収を決めてる訳じゃないだろうけどメガシンカを上手く扱えてない感じがする

  48. 匿名 より:

    妖怪に子供取られても別に良いと思います
    ポケモンの映画はもっと年齢層を広くしてミュウツーみたいな感じでも良いかと
    ゲームをプレイしてる人の年齢層が幅広いのですからそこを活かすべき
    ポケモンにはポケモンの良さがあるはずです

  49. 匿名 より:

    ポケモン映画はAGの頃が一番よかったと思う。
    特にジラーチのやつはいまでも見に行ったこと覚えてるし、ラストシーンでまだ小1ながらも涙が出てきたのも覚えてる。
    DPになってから、なんだかとりあえず伝説のポケモン出しとけばいいか~みたいな感じになっちゃって、面白くなくなった。
    とくにこの前のケルディオのやつなんて、前売り券のおまけだけもらって後は近所の子供にでもあげとけばよかった。

  50. 匿名 より:

    映画はここ最近内容がないよーだからな・・・毎年映画館で見てるのに全然覚えてない
    BWのときに「ポケモンと人の共存」をテーマにしてくれたら良かったのに
    ゲーム内容に言及するのはお門違いだけど、小学校3年生が「なんでもかんでもメガ進化すればいいってもんじゃないのに」って言ってて残念な気持ちになったわ・・・
    自分はこれからも応援するけどな!頑張れポケモン!

  51. 匿名 より:

    まー今回の件に限らずアニポケ自体無印の頃からあんまり原作の雰囲気全く出せてない上に原作の設定あんまり上手く使えてないと思うんだよな

  52. 匿名 より:

    個人的にタケシのナンパとかカスミの虫嫌いとかロケット団の名乗りとかそーゆーどうでもいいことより原作の魅力を出すことに力を入れてほしい

  53. ワンダフル太郎 より:

    映画事態が妖怪のせいとか騒いだ人もいますがそれも総合すると確実に要因もあると思います。がだからこそ妖怪ウォッチと線引きをしてアピールしていく必要があると思います。まず妖怪ウォッチと同じことをしていてもマスコミ等は妖怪ウォッチと比べて結果逆ステマになりかねないでしょう。それは、ポケモン以外にも来冬するといわれるワンピースにも同じことが言える。しかし、デジモン方向に舵をきるのは、新作キービジュアルを見ればわかるが崩壊するがみえみえなので言うまでもありません。
    ポケモンは20年くらいの本格的コンテンツだけに同じ子供向けアニメに同対抗していくかがドラえもんになるのかオワコンになるのかの境目なのかもしれません。20年目を向かえるにあたっての最大の課題にあるのは妖怪ウォッチがいてもいなくても同じです。

  54. 桜ピカチュウ より:

    新しい転回が必要。
    ポケモンの魅力はらしさかな。動物の動きとか可愛いさとか。
    美味しい転回とか。古いアニメっぽい。

  55. 匿名 より:

    BWやORASならともかく、XYを大人向けって言ってる人はプレイしたことないんじゃないの…

  56. 匿名 より:

    そろそろサトシじゃなくゲームの主人公にした方がいい。ゲームの主人公でそれぞれのゲームのストーリーやった方が数倍面白い。

  57. 匿名 より:

    ストーリーがおもんないもん
    イベルタルが暴れ回ってディアンシーが覚醒してゼルネアスがなんやかんやして、終わり
    ナニコレw

  58. シェル より:

    僕が小学生の頃はクラスの男子はほとんど全員ポケモンをやっていて
    PTAの子供会で映画を見に行く時もポケモン映画が選ばれてました
    今の小学生はどうなのかな…?
    大人がやっても楽しいですが、子供がいてこそ成立するビジネスだと思うので、今の子供たちにも好きになってもらえるようなコンテンツであり続けてほしいですね

  59. 匿名 より:

    DPの映画の内容とか全然覚えてないわ・・・単純に詰まらないからだろうけど、BWは一作しか見てないけど覚えてる。

    まあ、セレビィを受け取らないとイッシュ図鑑が揃わないってやったのがそもそもの間違い。

  60. 匿名 より:

    ジブリ映画がポケモンを超えるのは当たり前で、わざわざ報道されるまでもありません。
    しかし、宮崎駿さんは千と千尋やトトロがゲームになっても人気が出るとは考えていないはずです。

    ジブリの弱点はゲームで、理由はわからないがポケモンの弱点は映画、次にアニメ。ただそれだけです。