ポケモン映画2016、短編なし。前売り券が発売でボルケニオン配信

ポケモン映画2016、短編なし。前売り券が発売でボルケニオン配信

 ポケモン映画2016「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」の前売券の発売が今日から開始されました。

 前売り券は、ポケモン映画2016の上映予定劇場、セブンイレブン、ポケモンセンター、トイザらス、イトーヨーカドー、イオン、アピタ、ピアゴ、平和堂、ダイエー、フジで購入可能で、大体いつもと同じ場所で販売されています。

 ちなみに、ポケモン映画2016の前売り券の購入については、ポケモン映画2016の上映劇場の特典推しポケモン応援キャンペーンもあるので、どちらかで買うといいかもしれません。

ポケモン映画2016「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」の前売券の発売が今日から開始

 前売券の販売期間は2016年7月15日(金)までです。

 価格は大人1400円、子供800円、劇場でのみ販売される親子ペア券が2100円です。

各前売券にはボルケニオンの引き換えコードが付属(親子ペア券は2つ)しており、ボルケニオンの配信も今日から開始され

 各前売券にはボルケニオンの引き換えコードが付属(親子ペア券は2つ)しており、ボルケニオンの配信も今日から開始されているので、そのシリアルコードを使って入手出来るようになっています。

 ボルケニオン受け取りは、3DS「ポケモンXY」「ポケモン オメガルビー アルファサファイア」のどれかで1コードで1回行えます。

ポケモン映画2016「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」は、長編のみで短編の上映はありません

 ちなみに、ポケモン映画2016「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」は、長編のみで短編の上映はありません。

 ポケモン映画「裂空の訪問者 デオキシス」で、一度、短編の劇場での公開がなくなり、「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」から復活したポケモン映画の短編の同時上映ですが、2016年はまた長編の単独上映となっています。

 ただ、短編は、これまで通りならば、劇場での上映がないだけで、制作自体は行っているかもしれません。

 短編があると長編のストーリーが短くなっていて物語が上手く描けていない、まとめきれていないという評価も多いですが、2016年の映画はどのような評価になるでしょうか。

 ポケモン映画公式サイト

コメント

  1. 匿名 より:

    個人的には朗報です
    短編の分の尺があったら…とか考えちゃう事が多々あったので

  2. 匿名 より:

    ミュウツー・ルギア・エンテイ・セレビィ・ラティアスとラティオス・ジラーチはまとめ切れていないという結果になるな。そもそもど素人の評価は評価にならないから。

  3. 匿名 より:

    短編は個人的に
    要らなかったから嬉しい
    フーパの小説読んで
    短編無くしてこのシーンを映画に
    入れてくれよーと思った

  4. 匿名 より:

    ん?短編のあったミュウツー〜ジラーチまでは良作揃いだったと思うが?
    むしろ短編がなくなったデオキシスが評判悪くなかったっけ?
    短編があると長編の質が落ちるなんてただの言い訳ですよ