ポケモン映画2015の脚本、長編が冨岡淳広氏、短編が園田英樹氏に変更

ポケモン映画2015の脚本、長編が冨岡淳広氏、短編が園田英樹氏に変更

 ポケモン映画2015の脚本の担当などが公開されています。

 今回の映画のスタッフは、次のようになっています。

 

監督などは同じですが、ポケモン映画2015の脚本は、長編が冨岡淳広氏、短編が園田英樹氏に変更されています

[スタッフ]
 原案: 田尻智
 スーパーバイザー: 石原恒和、久保雅一
 アニメーション監修: 小田部羊一
 エグゼクティブプロデューサー: 浅井認、宮原俊雄
 監督: 湯山邦彦
 プロデューサー: 下平聡士、松山進、岡本順哉、新井賢一
 シニアプロデューサー: 盛武源
 脚本: 冨岡淳広(長編)、園田英樹(短編)
 アニメーションプロデューサー: 亀井康輝
 キャラクターデザイン: 一石小百合、松原徳弘、広岡トシヒト
 総作画監督: 佐藤和巳、中野悟史、毛利和昭、一石小百合
 音響監督: 三間雅文 
 音楽: 宮崎慎二
 製作: ピカチュウプロジェクト 
 配給: 東宝

 

 よって、監督などは同じですが、ポケモン映画2015の脚本は、長編が冨岡淳広氏、短編が園田英樹氏に変更されています。

 園田英樹氏は、ポケモン映画の3作目の「結晶塔の帝王 ENTEI」で補助的に脚本に関わって以降、翌年から長編の脚本を単独で手掛け、その後、2014年の「破壊の繭とディアンシー」までずっと長編を担当していましたが、今回は短編を担当する形になっています。
 ちなみに、1作目から3作までの短編の脚本の担当は、園田英樹氏だったので、元に戻ったとも言えるかもしれません。

 冨岡淳広氏は、ポケモンアニメのシリーズ構成や脚本を行っていますが、ポケモン映画の脚本は、2014年の短編に続いて2回目です。

冨岡淳広氏は、ポケモンアニメのシリーズ構成や脚本を行っていますが、ポケモン映画の脚本は、2014年の短編に続いて2回目

 なお、アニメ「ポケモンXY」の脚本の担当で言うと、

<園田英樹氏>
第25話 ペロッパフとペロリーム!! 甘い戦いはあまくない!?
第45話 どじっこプクリンVS暴走ボーマンダ!!

<冨岡淳広氏>
第01話 カロス地方にやってきた! 夢と冒険のはじまり!!
第02話 メガシンカとプリズムタワー!
第03話 ケロマツVSヤヤコマ! 空中機動バトル!!
第11話 竹林の追跡! ヤンチャムとゴロンダ!!
第20話 挑戦バトルシャトー! ビオラ対ザクロ!!
第24話 ショウヨウジム戦! ピカチュウ対チゴラス!!
第31話 メガルカリオ対メガルカリオ! 波導の嵐!!
第38話 ポケモン・サマーキャンプ! ライバル三人組登場!!
第39話 セレナVSサナ! ポケビジョン対決!!
第41話 チームバトル! 殿堂入り決戦!!
第43話 シャラジム戦! ピカチュウVSメガルカリオ!!

 このようになっていて、冨岡淳広氏の方が圧倒的に担当している回が多いですが、ポケモンの長編映画の脚本は結構時間が掛かるようなので、今後はテレビアニメで脚本を担当する回が減って来るのかもしれません。

 情報元

 

コメント

  1. zなんとか より:

    来年の映画は期待できそうでよかったです

  2. 魑魅魍魎 より:

    映画までにサトシのリザードンを復帰させて欲しいです。

  3. 匿名 より:

    これはいい知らせ。
    ただアニメで冨岡さんの脚本が減ってくるんだとしたら、ちょっと残念かも。
    まぁ仕方ない事だけど。

  4. 桜ピカチュウ より:

    サウンドトラックがネタバレにならないように。

  5. 匿名 より:

    …覚醒の時に変わってほしかったなぁ

  6. 匿名 より:

    クレッフィがイマイチだったから長編に移ってくれるのはうれしい
    短編は松井さんか面出さんがよかったなあ

  7. 匿名 より:

    来年は興行収入回復してほしい