ポケモンのカードゲームを奪われそうになる → 柔道習う → オリンピック出場、という人生が変わった話

ポケモンのカードゲームを奪われそうになる → 柔道習う → オリンピック出場

 「ポケットモンスター」のカードをめぐってけんかしたことがきっかけで、その後の人生が変わったという話が取り上げられています。

 これは、ロンドン五輪の男子柔道60キロ級に出場する、イギリス代表のアシュリー・マッケンジー(23)選手についての話です。

 マッケンジー選手は、11歳のとき、大切にしていたポケモンカードゲームを別の男児に奪われそうになり、路上で取っ組み合いになった際、何回も投げ飛ばされ、それがあっという間に投げ飛ばされていたので不思議に思い、インターネットで調べてみたところ、相手が柔道の技を使っていたことが判明したそうです。

 そして、さらに詳しいことを知るために地元の柔道クラブに向かうと、そこに彼からカードを奪った男児がおり、彼と話して、友達になり、柔道を始め、ポケモンカードゲームも返してもらったとのことです。

 マッケンジー選手は、たびたび退学処分となったり、少年院にも入ったことがあるものの、柔道との出会いで彼の才能が開花し、ジュニア大会で成功を収め、多くのトラブルを克服して、今回のオリンピックの舞台にたどり着いたそうです。

 よって、このロンドン五輪の男子柔道60キロ級に出場するイギリス代表のマッケンジー(23)選手は、ポケモンカードゲームがきっかけで、オリンピックに出場するまでの成長を果たしたようです。

 情報元

 ポケモンカードゲームBW 拡張パック フリーズボルト(Amazon)

コメント

  1. ルル より:

    かっこよすぎるぜ…

  2. ぴかんちょ より:

    ポケモンのちからってすげー

  3. ちょっぷくん より:

    応援したくなっちゃうね