ポケモン赤緑、ゲットしたポケモンを30匹までしか預けることが出来なかった問題を宮本茂氏が解決

ポケモン赤緑、ゲットしたポケモンを30匹までしか預けることが出来なかった問題を宮本茂氏が解決

 ポケモン20年目の秘話として、「ポケモン赤緑」は、当初はゲットしたポケモンを30匹までしか預けることが出来なかった仕様だったことが明らかにされています。

 ファミ通が2016年2月に行った石原恒和社長のインタビューによると、「ポケモン赤緑」は、最初の仕様では捕まえたポケモンを30匹までしか預けることが出来なくなっていたそうです。

ポケモン20年目の秘話として、「ポケモン赤緑」は、当初はゲットしたポケモンを30匹までしか預けることが出来なかった仕様だったことが明らかにされています

 「ポケモン赤緑」では、151種類のポケモンがいるのに、31匹目を捕まえるときには何か1匹を逃がさなければならないという仕様になっており、これは遊びの仕組みとしてどうなんだ?という議論が当時はあったとのことです。

 そして、この問題を解決したのが任天堂の宮本茂氏であり、データ容量の大きいカートリッジを特別に「ポケモン赤緑」に採用するという方法により、ゲットしたポケモンを30匹までしか預けることが出来なかった問題を解決したそうです。

 ちなみに、データ容量の大きいカートリッジを採用するというのは、言われてみれば誰でも思いつく簡単な方法ですが、これを行うとソフトの原価が高くなるという大きな問題があり、今は宮本茂氏は任天堂の経営者の1人なので、そういったことは簡単に決められるかもしれませんが、当時は取締役でも何でもない任天堂の従業員の1人だったため、想像よりも難しい判断や上の人への交渉があったのではないかと思われます。

この問題を解決したのが任天堂の宮本茂氏であり、データ容量の大きいカートリッジを特別に「ポケモン赤緑」に採用するという方法により、ゲットしたポケモンを30匹までしか預けることが出来なかった問題を解決

 なお、「ポケモン赤緑」については、そのリメイク版である「ファイアレッド リーフグリーン」でも、ソフトの値段を変えずにワイヤレスアダプタという周辺機器を同梱して発売するという、商業的に考えれば普通は出来ないことをやっていたという歴史もあり、任天堂側がかなりコスト的に厳しい思いをしながらポケモンの普及に力を入れて来た経緯もあります。

  ポケットモンスター 赤 緑 青 ピカチュウ 専用ダウンロードカード特別版 壁紙付き Amazon
 ポケットモンスター 赤 緑 青 ピカチュウ 専用ダウンロードカード特別版 セット クリアファイル 付き セブンネット