ポケランドの配信はもうすぐか。ポケスクの商標が出願される

ポケランドの配信はもうすぐか。ポケスクの商標が出願される

 任天堂が、ポケモン関連の新たな商標を出願しています。

 今回は、「ポケスク」という商標が明らかになっています。

 

ポケスクの商標が出願される

ポケスクの商標が出願される

 ポケスクの商標は、任天堂やゲームフリーク、クリーチャーズを出願人として申請されています。

 商標の出願は、一般的には、その事実が分かるだけで、実際に何に使われるのかなど、具体的な情報は何も判断できません。

 このため、例えば、ポケットスクールの略として使うなど、「ポケスク」という単語だけだと、様々な意味が考えられます。

 ただ、今回は、任天堂やゲームフリーク、クリーチャーズといった、ポケモン関連企業による出願なので、「ポケモンスクランブル」の略の「ポケスク」という意味だと考えることが可能です。

 

ポケランドの配信はもうすぐか

ポケランドの配信はもうすぐか

 「ポケモンスクランブル」については、新作が開発中であると、2017年に発表されています。

 この新作は、スマートフォン用のゲームの「ポケランド」というものです。

 ポケランドは、2017年にアルファテストが実施されていたので、そのときに遊んだ人も多いと思われますが、その後、配信日の情報などは全然明らかにされていません。

 アルファテストが出来るぐらいなので、開発の終盤だと思われますが、今回、ポケスクという「ポケモンスクランブル」に関する商標、つまり、「ポケランド」に関連する商標も出願されて来たので、配信が近いかもしれません。

任天堂は、マリオカートの略称「マリカー」に関する「商標についての裁判」で、任天堂からすれば迷惑な企業に負けています

 なお、任天堂は、マリオカートの略称「マリカー」に関する「商標についての裁判」で、任天堂からすれば迷惑な企業に負けています。

 このため、この失敗を繰り返さないために、主要作品の略称の登録も進めているので、今回の登録は、スマホゲーム「ポケランド」の配信日とは何も関係がない可能性もあります。

 また、「ポケスク」の商標登録は、ニンテンドースイッチでのポケモン新作の発売とも全く関係せず、こちらはポケモン本編として別に開発中です。

スポンサーリンク

シェアする