「ポケモン 金 銀」を10年間リメイクしなかった理由、「ハートゴールド ソウルシルバー」後のポケモンの展開

「ポケモン 金 銀」を10年間リメイクしなかった理由、「ハートゴールド ソウルシルバー」後のポケモンの展開

 2009年9月10日発売の週刊ファミ通に、株式会社ポケモンの社長 石原恒和氏へのインタビュー記事が掲載されています。

 この中で、株式会社ポケモンの社長 石原恒和氏が、「ポケモン 金 銀」を10年間リメイクしなかった理由や、「ハートゴールド ソウルシルバー」後のポケモンの展開についてコメントしています。

 その内容は、次のようになっています。

・ 「ポケモン 金 銀」を10年間リメイクしなかったのは、「ポケモン 金 銀」はポケモンが世界中で最も注目され、最も期待されているときに発売され、最も売れた作品だったので、いい時期に、新しい形で発売したいと思っていたから。

・ 「ハートゴールド ソウルシルバー」は、全方位的に新しい要素を詰め込んだ、盛りだくさんの内容になっていて、作り手も遊んでくれる皆さんも、皆が納得出来るような作品に仕上がったと思っている。

・ 自分たちは常に新しい形の遊びを提供したいと思っており、ポケウォーカーもそんな想いからオマケとして同梱した。

・ 昔のユーザーへのアピールは、ものすごく大きなテーマとして意識している。

・ 「ハートゴールド ソウルシルバー」後のポケモンの展開は、まず、今一番力を入れているのはWiiウェアなので、シンプルだけど奥が深いような作品の開発に今後も取り組んでいきたい。

・ カードゲームの新シリーズも発売し、皆さんがあっと驚くような方にイラストを描いてもらっているので期待して欲しい。

・ Wii用のポケモン関連ソフトも開発中。まだ詳しくは話せないが、近々発表出来ればいいなと思っている。