景山将太氏がゲームフリークを退社。独立してSPICA MUSICAを立ち上げ

景山将太氏がゲームフリークを退社。独立してSPICA MUSICAを立ち上げ

 3DS「ポケモンX Y」の音楽ディレクターなどを務めた、景山将太氏がゲームフリークを退社したことをツイッターで発表しています。

 これによると、

 【ご挨拶】みなさま、明けましておめでとうございます。私事で恐縮ですが、2013年12月末日をもって、6年7ヶ月間お世話になった株式会社ゲームフリークを退職(卒業)し、本年1月から独立、新たに SPICA MUSICA(スピカムジカ)という音楽ブランドを立ち上げることとなりました。

 これからゲームのお仕事はもちろん、新たなフィールドでも様々な音楽活動をやっていこうと考えております。自分らしさの表現へのこだわりは忘れず、いい意味で自分のイメージを裏切るようなアプローチもやっていけたらいいなと、色々企んでおります(笑)

 この度は本当に多くの方のご支援、ご助力をいただき、予てからの夢だった独立を叶えることができました。改めまして厚く御礼申し上げます。また独立に際し、ゲームフリークの仲間も笑顔で送り出してくれ、応援してくれています。本当に周りのみなさまに支えられて、感謝の気持ちでいっぱいです。

 これからも私を育ててくださった方、お力添えを下さった方、応援してくださる方々への感謝の気持ちを忘れず、一歩ずつ邁進していきたいと思います。ゆくゆくはお世話になった業界への貢献と恩返しをしていけたらと考えています。これからも変わらぬご指導、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたします。

 2013年は多くの方に自分の音楽が届いていることを実感できた、最高に幸せな1年でした。これから立場は変わりますが、みなさんの心に寄り添えるような、心に残る温かい音楽を届けていけたらと思っています。これからも変わらず、応援していただけたらうれしいです。今後の活動にご期待ください!

 ゲームフリークのみんなには敢えてお別れは言っていません。また一緒にものづくりができたらいいなと思っています。僕の独立は新しい音楽表現の形だと捉えていただけたら幸いです。僕をここまで育ててくれたポケモン作品には、これからも何かの形で貢献、恩返しできたらうれしいなと考えています。

・・・とのことで、退社して独立し、SPICA MUSICAという音楽ブランドを立ち上げたことがコメントされています。

 ちなみに、独立は「予てからの夢」で、「新たなフィールドでも様々な音楽活動をやっていこう」とのことなので、何か新しいことにチャレンジされるようですが、「ゲームのお仕事はもちろん」、「ポケモン作品には、これからも何かの形で貢献、恩返しできたらうれしいなと考えて」いるそうなので、今後も景山将太氏の音楽がポケモン関連の作品で聴ける可能性はあるようです。

3DS「ポケモンX Y」の音楽ディレクターなどを務めた、景山将太氏がゲームフリークを退社したことをツイッターで発表しています

 なお、現在は表紙だけですが、景山将太氏のサイトも公開されています。

 情報元

 ポケモン X・Y スーパーミュージックコレクション Amazon  楽天

コメント

  1. 匿名 より:

    ポケモン本編で曲作るってのはその分それほど
    多くの人に知ってもらえる事も多いだろうからなぁ羨ましい

  2. 匿名 より:

    BWの音楽やHGSSでの名曲のアレンジが大好きでした!景山さんにはこれからも頑張って欲しいです。

  3. 匿名 より:

    オリジンのラストバトル(VSライバル)のアレンジには心が震えました。

  4. サカキ補佐 より:

    ほんと、すごい人だな
    会社やめて新しいことを始めるのは大変だろうけど頑張ってほしいです

  5. 匿名 より:

    HGSSからORASまで、本当に景山さんのお作りになる曲がお気に入りでした♪
    これから先も、自らの手で新たな楽曲が生み出されていくのを楽しみにしています!(^^)