ベトベトン(アローラのすがた)公開。ベトベターも

ベトベトン(アローラのすがた)公開。ベトベターも

 3DS「ポケモン サン ムーン」の新たな「アローラのすがた」が公開されました。

 今回は、ベトベター、ベトベトンの「アローラのすがた」が明らかになっています。

 

今回は、ベトベター、ベトベトンの「アローラのすがた」が明らかになっています

ベトベター(アローラのすがた)

毒素の結晶
 歯のように見えるのは、食べたゴミの毒素が結晶化して硬くなったもの。この結晶は、分解する方法が解明されておらず、触れるだけでも危険とされているぞ!

姿を変えた理由
 アローラ地方の人口増加にともない、ゴミ問題が深刻化した。そこで、ほかの地方から連れて来られたのがベトベター。ゴミを主食としているうちに、体質が変わり、姿も変化していったぞ。

ベトベター(アローラのすがた)

常にお腹を空かせている
 いつもはゴミを食べているベトベターだが、常に空腹状態で、ゴミがなくなるとあたりの人工物も食べ始めてしまう。

アローラ地方のゴミをすべて食べる
 アローラ地方のゴミ処理場には、100匹を超えるベトベターがおり、アローラ地方で出されるゴミは、すべてベトベターの食料となっている。

 

ベトベトン(アローラのすがた)

ベトベトン(アローラのすがた)

手あたり次第なんでも食べる
 つねに、手あたり次第あたりのものを食べ続け、空腹を覚えると暴れだす。この食欲は、常に毒素を補給していないとエネルギーを維持できないからだと考えられている。

体内での化学変化
 多種多様なゴミや人工物を食べ続けているため、体内に毒素が蓄積している。それらが化学変化することで、さらに新しい毒素を生み出している。

ベトベター(アローラのすがた)、ベトベトン(アローラのすがた)が登場する、3DS「ポケモン サン ムーン」の新プロモーション動画

武器になる毒素の結晶
 ベトベターと同じ毒素の結晶が、口だけでなく体中から露出している。ベトベトンは、これをキバやツメのように使い攻撃する。猛毒の結晶は簡単にはがれてしまうのでとても危険。

近づいても無臭
 アローラ地方のベトベターやベトベトンは毒素を体内で生成しため込んでいるので、ほかの地方のベトベターやベトベトンと違い、近づいても嫌な匂いはしないのだ。

 ベトベター(アローラのすがた)、ベトベトン(アローラのすがた)が登場する、3DS「ポケモン サン ムーン」の新プロモーション動画は上のものです。

コメント

  1. 匿名 より:

    サーティワンアイスみたい

  2. 匿名 より:

    なんというゲップー

  3. 匿名 より:

    そうだね、悪食モンスターだね

  4. 匿名 より:

    中国のゴミ、サン&ム-ンに置き換えたみたい!